Skip to content

中華料理の円卓マナーをご紹介いたします。

中華料理の回転式の円卓では、どのように円卓を回し、お料理を取り分ければ良いのでしょうか。

円卓を回す時のマナーをご紹介いたします。

席順は、主賓を入り口から最も遠い席に。

主賓は入り口から最も遠い席に座るのがマナーとなります。主賓の左側に2番目、主賓の右側に3番目の人が座るように席順を決めましょう。

円卓は時計回りに回して、料理は自分の分だけ取りましょう。

円卓に載せられたお料理を取り分ける時は、まずは主賓から自分の分だけを取ってもらいます。

主賓にお料理を取ってもらったら、時計回りにテーブルを回し、主賓の左側にいる人にお料理を取ってもらいましょう。

このように時計回りにテーブルを回し、順番に料理を取ります。

料理は自分の分だけ取り、全員に料理が平等に行き渡るようにします。

円卓はゆっくり回します。

円卓は、他の人が料理を取っていないことを確認してからゆっくり回します。

食べたい料理があっても、身を乗り出して取ることはせず、円卓を回して自分の前に料理が来てから取りましょう。

中華料理の食べ方マナーの続きはこちらにご紹介しております。

https://classicdonna.jp/blog/意外と知らない、中華料理の食べ方マナーをご紹/

【本日のおすすめドレス】

パーティー、結婚式、お食事会にご着用いただけるドレスをお探しでしたら、下のお写真のようなドレスはいかがでしょうか。

品のある光沢と高級感を放つシルクでお作りしたドレスです。

適度なハリ感もありますので、見た目にも上質感たっぷりの一着です。

二の腕を程よくカバーしてくれる、ショートスリーブがついていますので、このドレスだけで結婚式にもご出席いただけるフォーマル感があります。

また、お袖が付いていますので、ショールやボレロなどの羽織り物とのコーディネートも不要です。

このドレス一着だけで、フォーマル感のある装いが完成するのも嬉しいですね。

クラシカルなギャザースカートは、丈を長めにお作りしました。

お膝をカバーして露出を控えることもできますよ。

またスカートのふんわりラインは、ヒップをカバーしてくれますし、少しウエストラインをハイウエストにお作りしておりますので、脚長効果がプラスされてスタイルも良く見せてくれます。

パーティー、お食事会、結婚式、謝恩会、同窓会等のフォーマルなお席におすすめのドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、下のリンクからご覧いただけます。

現品限りのドレスで再入荷は予定しておりませんので、ぜひお早目にどうぞ。

披露宴のドレス・レディーライクドレス・ネイビー(7、11号)

(加筆修正2020年4月26日 初回投稿2019年4月3日)