Skip to content

冬のパーティーの服装はどうする?マナーと防寒対策をご紹介いたします。

12月になりましたね。本格的な冬もすぐそこです。

これからクリスマス、年末年始のパーティー、成人式の同窓会、卒業パーティーなど、フォーマルな服装でお出かけになられることも多くなるのではないでしょうか。

そこで気になるのが冬のパーティーでの服装です。

寒い時期のパーティーではどのような服装を選べば良いのでしょうか。

夏に着ていたドレスは、冬は着ることができないのでしょうか?

パーティー会場は、冬でもきちんと空調で気温が調節されていますので、ノースリーブでも寒くはありません。

また基本的にパーティードレスには季節感がありませんので、夏に着ていたドレスでもご着用いただくことができます。

もし冬らしい季節感をお出しになりたいのでしたら、ドレスの色を温かみのある暖色系のものにするのもおすすめです。

また、冬のパーティーにはベロアや厚手のジャガード素材のドレスやボレロもおすすめですが、これらの素材は冬にしかご着用いただけないのでご注意ください。

冬のパーティーでは、NGな服装アイテムにご注意を。

冬には欠かせないアイテムが、パーティーなどのフォーマルなお席ではNGとされていますので、ご注意ください。

まず、ファー素材のボレロやストールですが、可能でしたら避けたほうが良いかもしれません。

結婚式では、花嫁さんはファー素材のボレロやストールをご着用になることがありますが、ゲストは着用を避けるものです。

パーティーでも毛が食べ物に入ったり、他の人に付く可能性がありますので、避けた方が無難でしょう。

次に、厚手のタイツやブーツの着用はカジュアルなアイテムですのでパーティーでも避けましょう。

冬のパーティーでも、フォーマル感が高いほどストッキングにヒール付きのパンプスを履きましょう。

防寒対策はどのようにすれば良いでしょうか?

冬のパーティーでは、会場の中は暖かいので問題はないのですが、会場に向かう道中、または帰りでは、しっかりと防寒対策をしましょう。

冬用の素材のドレスをご着用になっていたとしても、真冬の寒さは堪えるはずです。

ホテルや高級レストランで行われるパーティーでは、クロークがありますので、防寒着類はすべて預けてしまいましょう。

コートにつきましては、パーティーのフォーマル度が高いほど、コートも普段着に見える色や素材のものは避けるようにしましょう。

靴につきましては、会場まではブーツで来ることもできますので、必要があればブーツを着用しましょう。

ですが、上記でもご紹介した通り、ブーツはカジュアルすぎますので、会場に入る前にヒール付きのパンプスに履き替えましょう。

コートやブーツなどをクロークに預ける時は、クロークの前で着脱しないようにお気を付けください。

コートは建物の中に入った際に入口で脱ぎ、クロークでは手渡すだけにします。

またブーツを履き替える場合は、トイレなど、他のゲストの目に付かない場所で履き替えましょう。

冬のパーティーも、お洒落にお楽しみくださいね。

本日のおすすめドレス

rdop163nv

上のお写真のドレスは、ギャザースカートが大人可愛いシルクのフォーマルドレスです。

お色は引き締め効果のあるネイビーです。

お色はダーク系のドレスですが、ドレスに使用しているシルク生地には天然の上品な光沢がありますので、お祝いのお席にふさわしい華やかさがあります。

フォーマルなお祝いの場でも、スタイルよく、好感度アップしていただけるドレスです。

結婚式やパーティーの他にも、結婚式の二次会、謝恩会、同窓会等にもおすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

披露宴のドレス・レディーライクドレス・ネイビー(7、11号)

(加筆修正2020年2月17日、初回投稿2016年12月5日)