Skip to content

女性ゲストが結婚式では避けるべき服装をご紹介します。

結婚式ではNGとなる女性ゲストの服装をご紹介いたします。

NGとなる服装も知っておくと、着用すべき服がさらに選びやすくなりますよ。

結婚式のマナーに沿った服装選びにお役立てください。

白のゲストドレスはNGです。

結婚式のゲストドレスに白を選ぶのはNGとなります。

白は花嫁さんの色だからです。

できれば、花嫁さんのお色直し用のドレスの色も避けることができればベストです。

バイカラーのゲストドレス

ドレスの上半身とスカートで色が異なっているような、2色使いのドレスをバイカラーのドレスといいます。

バイカラーのドレスは、近年では、結婚式でも着用されることが増えてきました。

ですが、色が2色に「わかれている」ことから「別れ」を連想させるため、結婚式のゲストの中には好ましく思われない方がいらっしゃるかもしれません。

ですので、できればバイカラーのドレスも避けた方が無難でしょう。

露出が多い服装はNGです。

特に昼間の結婚式では、露出が多いゲストドレスはNGとなっています。

ノースリーブのドレスを結婚式でご着用になる場合は、ボレロなどの羽織り物を合わせて肩を丸出しにしないようにしましょう。

またスカートも、ミニ丈のものはNGとなります。

動物の柄や毛、革を使った服装はNGです。

アニマル柄や毛皮、皮革素材の服は避けましょう。動物の殺生を連想させるということでNGとなっています。

ただし、花嫁さんが冬に防寒のためにファーを着用するのはOKです。

普段着を思わせる服装

普段着も結婚式ではNGとなりますのでご注意ください。

通勤通学で着用できるようなワンピースは、どんなに高価なものでも普段着扱いとなります。

リクルートスーツもNGとなりますが、学生の制服は格の高い服装となりますので結婚式でもご着用いただけます。

また、柄については、地色と同色系の柄が織り込まれたジャガード織のドレスは結婚式でもご着用いただけますが、プリント柄は普段使いのものとなりますのでNGとなります。

おすすめのドレス

rd101bk

結婚式では、普段着を思わせるような服装はNGです。

つまり、普段の出勤やお出かけに着用できるような服はご着用いただけない、ということになります。

結婚式では、フォーマルな場でしか着用できないような、フォーマルドレス、パーティードレスと呼ばれるものを着用するようにしましょう。

上のお写真のドレスは、シルクでお作りしたフォーマルドレスです。

お色は黒ですが、シルクの上品な光沢がありますので、華やぎがあります。

また、ハリ感のある生地は主張し過ぎない高級感を放ちますので、結婚式やパーティーにぴったりです。

7分丈のお袖が気になる二の腕をカバーし、少しハイウエストに仕上げたスカートは脚長効果を発揮して、スタイル良く見せてくれます。

結婚式やパーティーでも、上品なシルクのドレスで好感度をアップしてみませんか。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

シルクのフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・ブラック(5、7、9、13、15号)

加筆修正2020年3月14日(初回投稿2019年10月24日)