Skip to content

結婚式での女性ゲストの持ち物をご紹介します。フォーマルバッグにこれだけ入れておけば安心です。

結婚式の披露宴が行われる会場の中には何を持って入ればよいのでしょうか。

女性ゲストのフォーマルバッグはいつものバッグよりは小さいので、中に入れるものを厳選しなければならないかもしれません。

結婚式に使用するフォーマルバッグは、椅子に座った時に、腰の後ろに置けるくらいの、小さめのものを選ぶのがマナーとなっています。

もちろん、会場まではサブバッグなどで来ることができます。

行き帰り用の靴や、コート、その他不要なものは披露宴会場に入る前にクロークに預けてしまいましょう。

こちらの記事では、結婚式のフォーマルバッグに入れておくべき持ち物をご紹介いたします。

最低限でも持っておきたい持ち物リスト

・ご祝儀

まず忘れてはならないのはご祝儀です。

ご祝儀はマナーとしては袱紗に包んでおくべきですので、ご祝儀を袱紗に包んだ状態でバッグに入れておきましょう。

・招待状

招待状には、結婚式の必要な情報が掲載されていますので持参しましょう。

・お財布

フォーマルバッグは小さいので普段使う長財布では入らないかもしれません。

その場合は、小さめのお財布に中身を入れ替えて持って行きましょう。

・携帯電話

携帯電話も忘れずに入れておきましょう。

・お化粧道具

結婚式は長丁場ですので、お化粧直しをする必要があります。

最低限でもリップやファンデーションは入れておくと良いでしょう。

・ハンカチ、ティッシュ

ハンカチ、ティッシュもお忘れなく。

フォーマルバッグに入りきらない場合は、フォーマル用のサブバッグに入れて会場に持ち込むことができます。

結婚式でのサブバッグのマナーは下記のリンク先の記事でご紹介しております。

結婚式での女性ゲストの持ち物:フォーマル用の小さなバッグに入らない時はどうする?

今日のおススメのドレス

ショートスリーブ付きのシルクのフォーマルワンピースです。

上半身はすっきりとしたシェイプで、丈が長めのクラシカルなギャザースカートを合わせました。

ふんわりスカートで、女性らしく、上品にご着用いただけるドレスです。

お色は人気のネイビーです。

上質なシルクでお作りしておりますので、結婚式やパーティーでは落ち着いた華やかさとエレガントな印象をまとっていただけます。

結婚式、パーティーをはじめ、二次会、謝恩会等におすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからご覧いただけます。

披露宴のドレス・レディーライクドレス・ネイビー(7、11号)

(加筆修正2020年4月12日 初回投稿 2019年3月19日)