Skip to content

結婚式に出席しない場合のご祝儀の相場をご紹介いたします。

結婚式に出席しなくても、結婚のお祝いにご祝儀をお渡しすることができます。

その場合は、いくらお包みすると良いのでしょうか。

少なすぎても相手に失礼ですし、多すぎると逆に相手に気を遣わせてしまうかもしれません。

こちらの記事では、結婚式に出席しない場合のご祝儀の相場をご紹介いたします。

結婚式を欠席する場合

結婚式の招待状を受け取って期日までに欠席の連絡をしたけれども、ご祝儀はお渡ししたい場合は、結婚式に出席する場合のご祝儀の2分の1から3分の1の金額が相場となっています。

例えば、新郎新婦の友人なら1万円が相場とということになります。

ただし、結婚式に出席すると返信したのに諸事情により欠席することになった場合など、欠席の連絡を入れるのが遅くなった場合は注意が必要です。

というのも、欠席の連絡をした時には、お料理や引き出物のキャンセルが効かない時期になっていることがあるからです。

その場合には、結婚式に出席する場合と同じ金額をお渡しするのがマナーとなっています。

結婚式に招待されていない場合

結婚式には招待されていないけれど、結婚のお祝いにご祝儀をお渡ししたい場合は、おじ・おばなら3万円~10万円で、その他の親戚なら5000円~1万円、友人・同僚・部下なら3000円~1万円が相場となっています。

結婚式に出席しない場合の、ご祝儀を渡すタイミングは?

結婚式に招待されていた場合で欠席する場合は、結婚式の前にご祝儀をお渡ししましょう。

ですが、結婚式に招待されていない場合でご祝儀をお渡しする場合は、結婚式の後にお渡しするのがマナーとなっています。

これは、結婚式の前に招待していない方からご祝儀を贈られると、新郎新婦が「結婚式に招待した方がよかったかな・・・」と余計な気を遣わせてしまいかねないからです。

結婚式の2~3週間後あたりにお渡しすると良いでしょう。

3万円のご祝儀をいただいた友人へのご祝儀の金額は?

自分の結婚式に出席してもらって、ご祝儀に3万円いただいた友人がいる場合は、その友人の結婚式ではいただいた金額のご祝儀をお贈りすると良いでしょう。

ですが、その友人の結婚式に呼ばれなかった場合で、ご祝儀をお渡ししたい場合は、ご祝儀としていただいた同額の3万円をご祝儀としてお渡しした方が良いのでしょうか。

結婚式にお呼びしていない方からご祝儀に3万円いただくと、もらう方は、お返しもしなければなりませんのでかなり気を遣うものです。

この場合は、結婚式を欠席する場合の金額(出席する場合のご祝儀の金額の3分の1~2分の1)で大丈夫ですので、1万円をご祝儀としてお渡しすると良いでしょう。

本日のおススメのドレス

rdop107

結婚式では上品で華やぎのある服装を心がけたいものです。

こちらのドレスは、優しい光沢とハリ感が特徴の上品なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

お袖が付いていますので、格上の装いをしていただけますよ。

お色は黒ですが、シルク特有の光沢がありますので、お色にもかかわらず華やかな印象の一着です。

結婚式やパーティーで、シルクのエレガンスをまとってみてはいかがでしょうか。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからご覧いただけます。

ゲストドレス・オードリードレス・ブラック(9号)

加筆修正2020年3月17日(初回投稿2019年3月19日)