Skip to content

【結婚式での受付マナー】ご祝儀は正しい色の袱紗に入れてお持ちします。

結婚式にゲストとして出席する場合は、会場に到着したら、まずは受付を済ませましょう。

受付では持参したご祝儀をお渡しして、芳名帳に記入するか、ゲストカードを提出します。

では、ご祝儀はどのようにお渡しすれば良いかご存知ですか?

バッグからご祝儀を取り出して、そのままお渡しすればよいのでしょうか?

片手でご祝儀をお渡ししつつ、芳名帳に記入しても大丈夫なのでしょうか。

それとも、きちんとした作法があるのでしょうか?

結婚式にご出席が決まったら、ご祝儀の渡し方もチェックしておいて、受付でもマナーに沿った振舞いができれば素敵ですね。

本日の記事では、ご祝儀に欠かせない袱紗についてご紹介いたしますが、気になるご祝儀の渡し方につきましては、こちらの記事でご紹介しておりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

結婚式でのご祝儀の渡し方をご紹介します。

 

 

ご祝儀袋は袱紗に包んでから、バッグに入れて持参します。

ご祝儀袋は、必ず上の写真のように袱紗に包んでからバッグに入れておきましょう。

バッグからご祝儀袋のまま取り出すのはマナー違反とされています。

また、袱紗に包まずにバッグにしまってしまうと、ご祝儀袋が汚れたり、破れたりすることもあります。

袱紗はご祝儀袋が汚れたり、破れたりするのを防いてくれる役割もあるのです。

結婚式で使える袱紗と、使えない袱紗があります。

ところで結婚式で使える袱紗は色が決まっています。

オレンジや赤などの暖色系のものか、紫色のものとなりますのでご注意ください。

緑やグレーなどの寒色系のものは弔事用となりますので、結婚式ではご使用になれません。

ちなみに紫色の袱紗は慶弔のどちらの行事にも使用できますので、1つ持っておくと便利です。

今日のおススメのドレス

rdop107

上のお写真のワンピースは、上品な光沢を放つシルクでお作りしたフォーマルワンピースです。

気になる二の腕をすっきりと見せてくれる6分丈のお袖付きです。

お色は黒ですが、シルク特有の優しい光沢が、落ち着いた華やかさを演出します。

結婚式やパーティーなどのお祝いのお席にぴったりです。

クラシカルなギャザースカートが気になる下腹部とヒップをふんわりとカバーしつつ、女性らしいラインを作ってくれます。

結婚式や二次会、パーティー、謝恩会等におすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからご覧いただけます。

ゲストドレス・オードリードレス・ブラック(9号)

加筆修正:2020年4月7日(初回投稿:2019年3月19日)