Skip to content

結婚式でのご祝儀の渡し方をご紹介します。

結婚式の受付では、どのようにご祝儀をお渡しすれば良いのでしょうか。

受付でもマナーに沿った立ち振る舞いができれば素敵ですので、結婚式に行く前に、こちらの記事でご祝儀の渡し方を確認してみてくださいね。

ご祝儀袋は、会場に持って入るフォーマルバッグに入れておきます。

もちろんご祝儀袋はバッグにむき出しで入れるのではなく、袱紗に包んで入れておくのがポイントです。

袱紗の色は赤などの暖色系か紫のものをご使用ください。

グリーンなどの寒色系やグレー系のものは弔事用ですので、ご注意くださいね。

受付でのご祝儀の渡し方

受付は新郎側と新婦側に分かれている場合といない場合があります。

新郎側と新婦側に分かれている場合は、該当の受付で受付をしましょう。

受付では、まずは「本日はおめでとうございます」、「この度はおめでとうございます」等と挨拶をします。

そして「新婦(または新郎)の友人の○○です。」と自分の名前を名乗りましょう。

次に、バッグに入れておいたご祝儀袋を袱紗ごと取り出し、袱紗から丁寧にご祝儀袋を取り出しましょう。

取り出したご祝儀袋を、受付係の方に向けて両手で差し出すか、畳んだ袱紗を台の代わりにして袱紗の上にご祝儀袋を乗せ、そのまま受付の方に両手で差し出しましょう。

ご祝儀袋をお渡ししたら、次はどうする?

結婚式の受付でご祝儀袋をお渡ししたら、次は芳名帳に記入します。

昨今、受付での負担を減らすために、芳名帳の代わりにゲストカードの提出のみで済ませる場合がありますが、芳名帳が用意してありましたら、代筆を頼まず、自筆で、できるだけ丁寧な字で記帳しましょう。

ちなみに、ゲストカードとは、結婚式の招待状が送られてきたときに同封されていることが多く、予め記入して結婚式場に持参するものになります。

カードの持参を忘れてしまった場合は、予備が用意されていますので、受付でお尋ねくださいね。

今日のおススメのドレス

rdop107

結婚式では露出を控えるために、膝下のドレスをお探しの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、スカート丈が長めのシルクのフォーマルドレスです。

シルク特有の高級感と華やぎがお祝いのお席にふさわしい一着です。

さらにお袖が付いた格上のデザインですので結婚式の服装としては申し分ありません。

お袖は二の腕をしっかりとカバーする6分丈となっています。

ハリ感のある生地が、綺麗なストレートのラインを出しますので、気になる二の腕もすっきりと見せてくれますよ。

上品な光沢を放つシルクでお作りしていますから、フォーマルなお席には欠かせない上質感とエレガンスをまとっていただけます。

きちんとしたお祝いのお席でも、上品に魅せてみませんか。

本日ご紹介したドレスの詳細はこちらからご覧いただけます。

ゲストドレス・オードリードレス・ブラック(9号)

加筆修正2020年3月30日(初回投稿 2019年10月14日)