パーティーバッグの選び方。ドレスを華やかに演出するものを選びましょう。

大人の女性になるにつれ、パーティーや結婚式に出席する機会が増えてくるのではないでしょうか。

パーティーの服装の主役はドレスですが、そのドレスをいっそう素敵に見せる小物選びも大切です。

普段とは違う、フォーマル感のあるお洒落なバッグを選べたら、ドレスが一段と引き立つことでしょう。

パーティーバッグは、どのように選べば良いのでしょうか。

blog_20161031

まずはパーティーバッグのNGをご紹介いたします。

大きすぎるバッグはフォーマルではないので避けましょう。

小さめのバッグがフォーマルになります。

でも小さなバッグでは持って行きたいものが入らない、という場合は、サブバッグを用意すると良いでしょう。

サブバッグのマナーにつきましては、下記にご紹介しております。

もちろん、サイズがいくら小さいとはいえ、普段使いのバッグもNGです。

ファーや、ビニール、コットンなどの、普段をイメージさせる素材のバッグも避けましょう。

次にパーティーバッグの大きさですが、膝の上、または椅子の背もたれに置ける大きさのものを選びます。

バッグの色は、靴またはボレロなどの羽織りものと合わせると良いでしょう。

おすすめの色は、黒、シルバー系、ゴールド系で、これらのお色を選んでいただくと使い回しもしやすいです。

サブバッグの選び方は?

20161016_2

パーティーバッグに物が入りきらないときは、サブバッグに入れましょう。

本来でしたら、パーティーバッグのみで会場に入るのがマナーですので、サブバッグはクロークに預けます。

でもどうしてもサブバッグも会場に持ち込みたい場合は、フォーマル感のあるサブバッグを用意しましょう。

サブバッグも、綿やビニール、ファーなどの素材のものは避け、サテンやシルクなどのフォーマル感のあるものを選びます。

もちろん、ハイブランドのものでも紙バッグはNGです。

大きさは、A4サイズのトートバッグがおすすめです。

色は、パーティーバッグと同様に使い回しのできる色ですと、どんなドレスにも合わせることができます。

パーティーバッグやドレスとの色のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

結婚式では、バッグに何を入れたらいいのでしょうか。

blog20161018_19

パーティーバッグには、下記のものを入れておくとよいでしょう。

・ご祝儀袋

できれば袱紗に入れた上で、バッグに入れましょう。

・小さめの財布

不要なカード類は、持ってこないようにします。

・携帯電話

・簡単にメイク直しができるようにリップなどを入れておくと便利です。

・ハンカチ、ティッシュ

・仕事上のパーティーでは、名刺も入れておくとよいでしょう。

サブバッグには、上記以外の、招待状、折りたたみ傘などを入れておきます。

パーティーバッグは、お洒落な上に、サイズや機能性のよいものを選べたらベストですね。