冬の結婚式に出席される、女性ゲストの服装マナーをご紹介いたします。

冬は結婚式だけではなく、クリスマス、年末年始などのパーティーが開かれるシーズンですね。

これらのイベントが重なる場合は、結婚式用の服装を着まわされると間違いません。

ここでは、冬の結婚式にご出席される、女性ゲストの服装マナーをご紹介いたします。

冬の結婚式の服装は?

blog20161018_14

冬の結婚式での服装も、会場では暖房が効いていますので、他の季節の服装とそう変わりません。

和装で出席されない場合は、ドレスでのご出席となるかと思います。

その場合は、冬といえども、ベージュのストッキングにパンプスを合わせましょう。

寒いからといって、タイツを合わせるのはNGになりますので、お気を付けくださいね。

また、冬のドレスは黒のドレスが選ばれることが多いそうです。

その場合は、暗くなりすぎないように、明るい印象のバッグやシューズを合わせたり、シルクのように、生地自体に光沢があるものを選ぶようにしましょう。

またデザインも、タイトスカートのドレスでは地味になりがちなので、フレアスカートなどのドレスにされると華やかさがプラスされます。

冬の結婚式に欠かせないコートのマナーとは?

blog20161018_06

冬の結婚式で、会場に向かう道中はコートを羽織って、暖かくして出かけましょう。

会場に着いたら、会場の入り口にクロークがありますから、コートは預けることができます。

でも、だからといって、カジュアルすぎるコートを着て行くのは控え、フォーマルに見えるコートを着用しましょう。

ファーのコートについては、華やかさがあるため、新婦が着用することがあります。

でも、殺生をイメージさせるほか、毛が他の人のお洋服に付着することもあるので、ゲストはファーのコートを着用しないようにしましょう。

冬の冠婚葬祭に着用できるような、フォーマル感のある黒のコートを一着持っておくと便利です。

冬の結婚式での、防寒対策をご紹介いたします。

rd-211_bl_03

会場に向かう道中、あまりにも寒いようでしたら、会場まではお洒落なワンピースかスーツに、フォーマル感のあるコートを合わせて出かけ、会場の更衣室でドレスに着替えることができます。

道中、雪が積もっている場合は、ブーツで出かけて会場で履き替えることもできます。

更衣室での着替えをご希望の場合は、予め、会場に更衣室があるかどうか、お確かめくださいね。

また、会場では、ボレロを合わせる場合は、長袖のものを合わせていただくと防寒対策になります。

お袖付きのドレスをご着用の場合は、長袖付きのドレスをご着用いただくと、コーディネートが不要ですし、フォーマル感もアップして上品に着こなしていただけます。

冬の結婚式では、寒さ対策をしっかりして、お洒落を楽しみましょう。