出産祝いの贈り物に。のし袋、のし紙の選び方と、書き方のマナーをご紹介いたします。

出産のお祝いに、プレゼントや現金を贈る場合は、品物にはのし紙を付けて、現金はのし袋に入れて相手にお渡しします。
でも、のし袋や、のし紙の水引の種類は沢山あり、表書きや、贈り主の名前の書き方にもマナーがあるのをご存じでしょうか。
マナーを守った贈り物で、贈る方も受け取る方も、気持ちの良いお祝いとなればいいですね。
出産祝いで使用する、のし袋、のし紙の選び方と、書き方のマナーをご紹介いたします。

のし袋に使われる水引の種類は、どのように使い分けるのでしょうか?


まずは、慶事に使用されるのし袋で、水引の種類をご紹介いたします。
上の画像の左端のものが、「蝶結び」と呼ばれる水引になります。蝶結びは、何度ほどいても結び直すことができます。そのように、何度あっても良いお祝いごとで使用されます。例えば、出産、長寿、お中元やお歳暮などです。
ただし、結婚や、快気祝いには使用されませんので、ご注意ください。画像の中央の水引は「結びきり」と言われるものです。水引が固く結ばれており、ほどくのが難しいことから、「繰り返すことがない」「今回一度だけ」という意味があります。お見舞いや、婚礼で使用されます。

右の水引は輪の部分が鮑(あわび)を表していることから「鮑(あわじ)結び」と言われるものです。上の紐の両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれるので、「末長くお付き合いする」という意味があります。

これらの3種類の水引の中で、出産のお祝いには、何度あっても良いことに使われる「蝶結び」のものをお選びください。

沢山の種類が販売されているのし袋。どのように選べば良いのでしょう?

出産のお祝いに現金を贈る場合は、のし袋を使用します。
のし袋は沢山のものが販売されていますが、基本は白がベースのものを選べば間違いありません。
また、のし袋はお祝いに贈る現金の金額に見合った価格のものを選ぶようにします。高額なお祝い金を贈るのに、水引が既に印刷されているのし袋を使用しないようにしましょう。

のし袋、のし紙の書き方のマナーをご紹介いたします。

基本的には、黒の毛筆またはサインペンで書きます。ボールペンでは書かないようにしましょう。

水引の上には、「表書き」を書きます。表書きとは、贈り物の目的です。慶事で用いられる表書きには、「寿」「御祝」等があります。

出産のお祝いを贈る場合は、「御出産祝」が一般的とされています。その他、「祝 御出産」(祝と御出産の間にスペースを取ります)、「御誕生祝」、「御祝」も使用されます。「寿」は婚礼の時に使用されるものですので、書かないようにしましょう。

水引の下には送り主の名前を書きます。一人の場合は中央に、複数の連名の場合は、中央を中心にしてバランスよく書きます。夫婦で連名の場合は、夫のフルネームを中央に書き、その左側(右側ではないことにご注意ください)に妻の名前を書きます。
職場で贈る場合は、中央に「○○一同」と書き、その右側に会社名等を書きましょう。

のし袋の中袋があれば、表面に金額、裏面に住所と名前を書きます。予め、金額や住所等を記入する場所が印刷されていましたら、その場所に記入しましょう。

中袋の住所は、相手がお礼状を書く場合等に配慮するものですので、忘れずにお書きくださいね。