婚約指輪の相場はどのくらいなのでしょうか?選び方やについてもご紹介いたします。

婚約指輪はもらわない(プレゼントしない)カップルもいるようですが、それでも婚約指輪を夢見る女性も多いかもしれません。
この婚約指輪には通常、石のついた指輪が選ばれます。
カップルによっては女性の誕生月の石や真珠が選ばれることがありますが、一番多く選ばれるのは石では世界で一番の硬度を誇るダイヤモンドでしょう。
婚約指輪としてダイヤモンドの指輪がなぜ選ばれるようになったのでしょうか。
また婚約指輪の選び方、男性への婚約指輪のお返しについてご紹介いたします。

婚約したら、婚約指輪を女性に贈るようになった由来とは?ダイヤモンドにはどのような意味があるのでしょうか?

婚約指輪を贈る習慣は、古代ローマの時代に遡ると言われています。当時は、婚約の誓いの儀式の際に鉄の輪を贈っていたそうです。
現在のように石の付いた指輪を贈るようになった当初は、ルビー、サファイヤなど、ダイヤモンド以外の石が使われていました。
これが15世紀頃から、「固い絆を結ぶ」「永遠の絆」「純粋無垢」を意味するダイヤモンドが使われるようになったそうです。
婚約した二人の関係は、法律上で定められた関係ではないため、高価な指輪を贈ることは、昔はある意味契約のよう なものでした。
ですが、今ではむしろ「愛の証」として婚約指輪が贈られています。
ちなみに日本では、明治時代の頃に男性から女性に婚約指輪を贈るようになったと言われています。

婚約指輪の相場はどのくらい?

「婚約指輪は給料の3か月分」、と聞くことが良くありますが、これは1970年代に使われた宝石会社の広告のキャッチフレーズで、現在では何の根拠もありませんから、惑わされないようにしましょう。
現在、婚約指輪の相場は約33万円だそうです。

婚約指輪を選ぶポイントは?

ところで、この婚約指輪は主に2つのタイミングで渡されるようです。
1つは、サプライズ的に男性が女性にプロポーズするタイミング、そしてもう1つのタイミングは、結納の時です。
婚約指輪を選ぶポイントとしては、男性一人で選ぶ場合は彼女の好みとサイズをしっかり調査して選ぶと良いでしょう。
その一方で、彼女の好みが全く分からなかったり、不安がある場合は、彼女と一緒に選んでみてはいかがでしょうか。
サプライズで婚約指輪を渡されるのは、女性としてはとても感動するものですが、最近では、女性の気に入ったものを贈りたいということで、二人で選ぶケースも多いようです。
また購入する際は、事前に値段やデザインを雑誌やインターネットでチェックしておくのがおすすめです。
購入したい指輪のイメージも定まりますし、お店を回る手間も省け、またお店の割引サービスなどもうまく利用できるかもしれません。
ダイヤの指輪を購入する時は、ダイヤの質もチェックしてくださいね。

素敵な婚約指輪が選べたらいいですね!