披露宴に着用するゲストドレスの選び方

● 披露宴に着用するゲストドレスの選び方をご紹介いたします。

披露宴に出席することになったら、女性はどのような服装で出席すれば良いのでしょうか。

フォーマルドレスで出席される場合は、普段、仕事などでも着用できるようなワンピースではなく、フォーマル感のあるドレスで出席しましょう。

フォーマル感のあるドレスとは、逆を言えば、「普段の生活では着れないドレス」ということになります。

ドレスの素材を、普段使いにはしないものを選ぶことがポイントです。

普段使いの素材、デザインの服装では特別なお祝いの場にふさわしい、特別感が無く、失礼だと見なされてしまうこともあるようですので注意しましょう。

また特に披露宴では、肩を出したり、膝上10cmより短いスカートなど、露出度合いの高い服を避けましょう。

例えば、上のお写真のドレスのように、お袖付きの、上質感のあるドレスでしたら、披露宴に上品にご着用いただくことができます。

お写真のドレスは、シルクでお作りしたものになります。

シルクは華やかさと上質感を持つため、結婚式のゲストドレスにふさわしい素材です。

主張し過ぎない高級感と上品な艶が、お祝いのお席にふさわしい、フォーマル感と華やぎをプラスしてくれますよ。

お袖は二の腕をスッキリとカバーしてくれる7分丈でお作りいたしました。

お袖口にはスリットが入っていますので、無理なく腕を動かしていただくことができます。

スカートはフレアーで、長めにお作りしています。

お写真ではスカートの下にパニエを合わせてボリューム感を出しておりますが、パニエ無しでご着用いただくこともできます。

パニエ無しでご着用いただくと、スカートにドレープが掛かって、こちらも素敵にご着用いただけます。

生地自体に少しハリ感がありますので、パニエ無しでのご着用をご希望される方も半数ほどいらっしゃるぐらいです。

また、スカートの丈は長めですので、お膝の露出も気になりません。

披露宴でも、好感度の高い、上品な装いでご出席なさってみませんか。

結婚式、披露宴をはじめ、仕事上のパーティー、授賞式などのお祝いのお席、お食事会等にご着用いただけるドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、こちらからご覧いただけます。

結婚式のお呼ばれドレス・デイジードレス・ネイビー・5号、7号、9号、11号、13号、15号