Skip to content

立食パーティーでの飲食マナーをご紹介いたします。

着席スタイルのパーティーよりも、気軽に参加できるのが立食パーティーではないでしょうか。

着席式のものとは異なり、自由に会場内を移動して、より多くの方々と交流を図れるのが利点です。

気軽さのせいか、立食パーティーではマナーについては気にされない方もいらっしゃるかもしれません。

こちらの記事では、知っておくと役立つ立食パーティーでの飲食マナーをご紹介いたします。

移動する時はグラスを持って移動します。

立食パーティーでは、料理を食べながら歩くのはNGです。

移動する時は、グラスだけを持って移動するようにしましょう。

冷たい飲み物は水滴が垂れてくることがありますので、グラスの下半分にはペーパーナプキンを巻いておくのがおすすめです。

バッグは手で持つ必要がないものがおすすめです。

立食パーティーでは、飲み物を持って移動することになります。

ですので、バッグはショルダーバッグなど、手で持つ必要のないものがおすすめです。

食事をする場所

移動する時はグラスだけを持って移動するとなると、食事はどこでとればよいのでしょうか。

立食パーティーでは食事用のテーブルが設けてありますので、そのテーブルに着席するか、テーブルのそばに立って食事をとりましょう。

食べ終わった食器類は、食事用のテーブルの上に、重ねずに置きます。

料理の取り方

料理は基本的に、自分の分のみをお皿に取りましょう。

その時、一度にとる分量は2~3種類のもので、お皿の7割程度に収まる量にします。

友人と取り分ける為に、お皿に盛るのはNGです。

また料理は、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、サラダ、デザートの順番に取ると良いでしょう。

本日のおすすめドレス

リトルブラックドレスが一世を風靡したように、黒のドレスは着る人を選ばず、きちんとした印象に見せてくれるので人気です。

でも、お祝いのお席に着用するドレスには、シルクのように生地自体に上品な光沢があるものがおすすめです。

ともすると黒は、喪をイメージさせかねないからですね。

上のお写真の黒のドレスは、品のある光沢を放つシルクでお作りした、お祝いのお席にふさわしい、華やぎを備えたドレスです。

二の腕をすっきりと見せてくれるお袖が付いていますので、このドレスだけできちんとした、フォーマルな服装が完成いたしますよ。

シルクがもつエレガンスをまとって、結婚式でも上品に見せてみませんか。

ドレスの詳細はこちらでご覧にいただけます。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rdop-180/

加筆修正2019年10月28日(初回投稿2019年3月16日)