結婚式、披露宴での服装マナーについて。フォーマルドレスの選び方

● 結婚式、披露宴での服装マナーについて。フォーマルドレスの選び方

結婚式、披露宴にフォーマルドレスで出席される場合は、どのようなドレスを着用すれば良いのでしょうか。

結婚式にフォーマルドレスでご出席の場合は、肩の露出は避け、膝上5cm~膝下までのスカート丈のもので、単色無地のものをご着用になると良いでしょう。

ノースリーブのドレスは、上に羽織っていただくもので印象を変えてご着用いただけるので便利です。

ですが結婚式では肩の露出はNGですので、ボレロやショールを合わせてご出席なさってくださいね。

また膝上20cmなど、ミニスカートのドレスもNGになります。

スパッツもタイツもNGですので、スカート丈は膝丈のものをお選びになってくださいね。

ちなみに、生足でのご出席もNGですので、肌色のストッキングを合わせましょう。

最近の結婚式では、ドレスの上下で色が分かれたバイカラーのドレスも着用されるようになりました。

こちらは「別れ」を連想させるとしてマナー違反とお考えの方もいらっしゃいますし、単色のドレスよりもカジュアル感があるとされていますので、ご出席になる結婚式のゲスト構成を考えて、友人のみの結婚式などでご着用なさると安心かもしれません。

結婚式の服装マナーにかなった服装で、お祝いのお席でも清楚でエレガントに見せてみませんか。

こちらの写真のドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

二の腕をすっきり見せてくれるショートスリーブ付きのドレスです。

お袖が付いていますので、このドレスだけで、結婚式にもご出席いただけるレベルのフォーマル感を備えた一着です。

お色は、深みのある、引き締め効果抜群のネイビー。

お肌を綺麗に見せてくれると、お客様からご好評いただいているお色です。

ネイビーがお好きな方だけではなく、「黒は避けたいけれど、華やかなお色も苦手」という方にもおすすめのお色です。

また、シルク特有の上品な光沢と、上質なシルク生地をたっぷり使用したクラシカルなギャザースカートが、結婚式や披露宴にふさわしい、エレガントな華やぎをプラスしてくれます。

歩く度に揺れる、スカートの裾の優雅さもお楽しみいただけますよ。

大切な方の結婚式でも、上品でワンランク上の着こなしをしてみませんか。

結婚式、披露宴の他にパーティー、謝恩会、同窓会、お洒落なレストランでのお食事会等におすすめのドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、こちらからご覧いただけます。

披露宴のドレス・レディーライク(淑女)ドレス・ネイビー・7号、9号、11号