結婚式で、グリーンのパーティードレスを着るなら。お洒落に着こなすポイントをご紹介いたします。

結婚式に着用するパーティードレスでは、グリーンも人気のお色の一つです。

でも、ブラックやネイビーのドレスほど、他の小物との合わせ方に悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

グリーンのドレスをお洒落に着こなすポイントをご紹介いたします。

グリーンがもたらす効果とは?

rd_199_gr_29

シルクのローズドレス

グリーンといえば、何をイメージされますか?

様々なものが思い浮かぶかもしれませんね。

草をはじめとする植物をイメージさせる方も多いのではないでしょうか。

自然をイメージさせるグリーンは、「安心感」や「調和」を表す色なのだそうです。

心身の疲れを癒したり、緊張を和らげてリラックスさせ、人の心を穏やかにする心理的効果もあるとのことです。

ところで結婚式では、女性ゲストはその服装で、会場に彩りをプラスするという大切な役割があります。

黒をはじめとするダークカラーの服装の方が多い中で、グリーンのドレスで彩りを演出してみませんか。

結婚式などのでのお祝いのお席でも、グリーンはそのお色自体が持つ効果も、発揮してくれることでしょう。

グリーンのパーティードレスに季節感はありますか?

20161106_05

よく寒い時期には暖色系のドレスを、暑い時期には寒色系のドレスを、と書かれているのを目にしますが、グリーンは、暖色でも寒色でもない、中間色になります。

色合いにもよりますが、概して季節を選ばないお色の一つです。

またパーティードレスに関していえば、ベロアなどの季節限定の素材を除いて、季節感は無いのが普通です。

特に高級素材のシルクには、季節感は全くありません。

ただ、季節感が気になる場合には、冬にはベロア素材のブラックのショールやボレロを合わせたり、夏にはシフォン素材の明るめのお色のショールやボレロを合わせていただくと良いでしょう。

グリーンドレスのコーディネート方法は?

20161106_01

結婚式でグリーンのドレスをご着用の場合は、ネックレスやボレロ、バッグ、靴などの、小物に合わせるお色に悩まれるのではないでしょうか。

選ぶお色で、グリーンのドレスを中心に、お洒落にコーディネートを完成させることができます。

では、グリーンのドレスにはどのようなお色を選べば良いのでしょうか。

一番おすすめなのは、グリーンに近い色をお選びになることです。

具体的には、ベージュ系、ゴールド系です。

差し色で、グリーンとは反対の色であるレッド系、紫系を合わせると、上級者のお洒落を楽しむことができます。

その場合は、その差し色を靴やバッグなどの1つのアイテムに使用しましょう。

また、小物のお色に迷った時や手持ちのものを合わせたいときは、万能色である黒または白も合わせていただけます。

ぜひ、上手にコーディネートして、グリーンのドレスをいっそう素敵に着こなしてみてくださいね。