結婚式での、女性親族の服装は?服装マナーについて、ご紹介いたします。

親族として結婚式に出席する場合は、ゲストをお迎えする立場になりますので、フォーマルで品格のある服装をまといましょう。

とはいっても、地味になりすぎる必要もありません。

多くのゲストをお迎えするので、マナーをおさえつつも、おしゃれに装いましょう。

新郎新婦の母親は、留袖かドレスで出席します。

20161021_3

新郎新婦の母親は、結婚式では、最も格式の高い服装とされる、留袖かドレスを着用します。

留袖は、教会式では黒以外の色留袖を着用されることもあるようですが、地色が黒の黒留袖を着用するのが一般的なようです。

またドレスをご着用の場合は、昼間のお式では、露出の少ないアフタヌーンドレス、夕方から夜のお式ではイブニングドレスを着用します。

花嫁さんより目立たないようにしなければなりませんが、だからといって地味になりすぎるのもお祝いの場にふさわしくありません。

新郎新婦の母親の結婚式の服装選びのポイントにつきましては、こちらでもご紹介しております。【リンク】

新郎新婦の姉妹の服装は?洋装の場合の服装選びのポイントは?

blog_02

新郎新婦の姉妹は、未婚、既婚に関わらず、アフタヌーンドレス(昼間のお式)、またはイブニングドレス(夕方から夜のお式)を着用していただくことができます。

いずれにせよ、露出が少ないものをお選びになってくださいね。ノースリーブのドレスをお選びの場合は、ボレロを合わせましょう。
ドレスのお色は、シックな黒やネイビーがおすすめですが、暗くなりすぎないように、生地に上品な光沢のあるものを選んだり、小物に明るめの色を合わせると良いでしょう。

若い世代なら、明るめのお色のドレスをチョイスしても良いですが、派手すぎる色のものは避けましょう。

新郎新婦の姉妹の服装は?和装の場合の服装選びのポイントは?

20161022_02

右:振袖、左:色留袖

新郎新婦の姉妹が、和装で結婚式にご出席される場合は、未婚か既婚かで服装が分かれることがありますので、ご注意ください。

まず未婚の女性でしたら、袖丈の長い振袖を着用することができます。

もし、年齢的に振袖に抵抗を感じられる場合は、袖丈が短い、色留袖を着用することができます。

色留袖とは、地色が黒以外の着物で、裾に模様が入ったものです。

色留袖は既婚の女性も着用することができ、5つ紋が付いているものですと、正礼装の黒留袖と同じ格になります。

地色が黒で、裾に華やかな模様が入った黒留袖は、既婚の女性でしたらご着用いただくことができます。

全体の色が黒なので、着物の模様は、華やかなものを選びましょう。