結婚式での受付係のマナーと、お仕事の内容をご紹介します。

結婚式での受付係は、どのような仕事をするのでしょうか。

また、受付係としどのように振舞えばよいのでしょうか。

結婚式当日の受付係のお仕事とマナーをご紹介します。

結婚式当日の集合時間と事前準備

当日は受付開始時間よりも1時間ほど前に集合し、打ち合わせをします。

受付係は新郎側、新婦側からそれぞれ2名ずつであることが多いようです。

その場合は、2人のうちの1人がご祝儀を受け取って管理し、もう一人が誘導やご案内をするように役割分担をしておくと良いでしょう。

いただいたご祝儀の預け場所、または最後にお渡しする方の確認もしておきます。

また、ゲストからトイレの場所を聞かれることがあるので、予め場所を確認しておきます。

ゲストはどのようにお迎えすれば良いのでしょうか

ゲストが来られたら、まずは一礼します。お祝いの言葉をいただいたら、両家を代表してお礼の言葉を述べます。

次に、ゲストに芳名帳に記帳してもらいます。「ご記帳をお願いします。」と記帳を促します。

記帳していただいたら、ご祝儀を受け取ります。ご祝儀は両手で受け取り、御礼を述べます。

ご祝儀は、両家別々に預かります。

また、盗難防止のために、いただいたご祝儀から目を離さないようにします。

受付を済まされたゲストには、控室や飲み物のご案内をしましょう。

受付の仕事が終わったら、預かったご祝儀は、予めお渡しすることになっていた人にお渡しします。盗難防止のため、他の人にはお渡ししないようにしましょう。

受付係が守るべきマナーとは?

受付係は、両家の代表として最初にお客様をお迎えする立場にありますので、笑顔で明るくお迎えします。

また、そのような受付係にふさわしい、上品な服装を選びましょう。

もちろん、受付での私語は厳禁ですので気をつけましょう。

【本日のおすすめドレス】

結婚式の受付係は、一番最初にゲストをお迎えする立場にありますので、両家の顔として、好感度の高い服装で出席するのがおすすめです。

ドレスで出席する場合は、上質感のある、服装マナーにそった、品のあるドレスを選ぶと良いでしょう。

下のお写真のドレスは、フレンチスリーブが大人可愛いシルクのフォーマルドレスです。

肩をカバーするお袖が付いていますので、このドレスだけで結婚式にもご出席いただけますよ。

もちろん、ショールやボレロを合わせていただいて雰囲気を変えてご着用いただくこともできますので、着回ししていただける一着です。

身頃は表地のシルクを二重にしてお作りしておりますので、さらに高級感がアップ。

上質感、特別感のある服装がマナーの結婚式に、おすすめのドレスです。

スカートにはシルク生地をたっぷりと使用してフレアースカートをお作りしました。

シルク自体がもつ光沢と、デザインとの相乗効果で、お色は黒でも華やかさのある一着となっております。

結婚式でも、品よく見せていただけます。

二次会、パーティー、同窓会、お食事会などにもおすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、下のリンクからご覧いただけます。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rd-117

加筆修正2019年10月6日(初回投稿2019年4月22日)