結婚式に着るボレロの選び方をご紹介いたします。

結婚式では、露出の多い服装は避けるのがマナーです。

例えば、肩を出すのは良くないとされているのですね。

でも、売られているドレスはノースリーブのものが多いのではないでしょうか。

ノースリーブのドレスは、羽織っていただくもので印象を変えて着こなしていただけるので、着回しがしやすいという利点があります。

結婚式の参列に、ベアトップやノースリーブのドレスをお選びになる場合は、肩をカバ―するためにボレロを合わせてみてはいかがでしょうか。

ボレロは、袖丈や、素材、色など、お好みの印象でお選びいただけますし、合わせていただくボレロで、ドレスの着こなしの幅も広げていただくことができます。

また、二次会ではボレロを脱ぐだけで、お手軽にイメージを変えていただくことができますよ。

結婚式でご着用いただける、ボレロを選ぶコツをご紹介いたします。

結婚式に着るボレロの色は?

blog_20161128

シルクのボレロ・ブラック

おすすめのボレロの色は、ブラック、シルバー系、ベージュ(ゴールド)系です。

これらの色は、ドレスの色を選びませんので着回しがしやすいでしょう。

ドレスに合わせる場合は、ダークな色のドレスには、そのドレスよりも明るめの色のボレロを合わせると、お祝いのお席にふさわしい華やかさをプラスしていただけます。

ドレスに合わせやすいお色としては白もありますが、白のボレロを着用してご着席になった時は、上半身しか見えないので、一見、白の服を着ているように見えかねません。

ですので、結婚式では控えた方が良いでしょう。

どのような素材のボレロを選べば良いのでしょうか?

20160816cd

結婚式に着るボレロの素材は、フォーマル感のあるものを選びましょう。

普段着の印象がある綿や麻のボレロは避けます。

また、ファーやパシュミナで作られたものも避けるようにしましょう。

ファーは花嫁が着用することがありますが、毛が他人に付着したり、お料理に入るのを避けるためにも、ゲストは着用しないようにしましょう。

おすすめのボレロは、シルクやシフォン、サテンなどで作られた、フォーマルなものです。

冬は、ベロアのボレロもおすすめです。

着こなしをご紹介いたします。

rd_203_bk_pls_60

シルクのエリアルドレス(オーバースカート付き)

ダークな色のドレスには、ゴールドやシルバーなどの明るい色を合わせます。

cs_101_italybe_pls18_09

シルクのエディスドレス

逆に明るい色のドレスにはブラックを合わせると引き締まって見えますね。

下のドレスも、スタイリストさんに、コーディネートしていただきました。

rd_208_frabg_pls23_11

シルクのボレロ・ネイビー

rd-188_03

シルクのボレロ・パステルグリーン

ドレスを素敵に見せてくれるボレロをお選びくださいね。