結婚式に着用する、女性のフォーマルスーツの選び方をご紹介いたします。

結婚式にお呼ばれされたとなると、着て行く服装を準備しなければなりません。

既に他の結婚式の予定がほぼ無いか、ほとんど無い年代になると、一回だけ着用する服装にお金を掛けるのも、もったいない気もするでしょう。

結婚式は格式のあるセレモニーですから、安っぽい格好はNGです。

とすると、結婚式やパーティーだけではなく、お子さんの七五三や入園・入学式、卒園・卒業式、参観日などの他のオケージョンにも着回せるような服を選びたいと思われるかもしれません。

その場合、真っ先に候補に挙がるのが、フォーマルスーツではないでしょうか。

結婚式にフォーマルスーツを着用するのはNG?

rd_203_bk_pls_35

シルクのエリアルドレス

結婚式の女性ゲストが選ぶ服装は、フォーマルドレスが多数を占めています。

その理由は、お祝いのお席にふさわしい、華やかさ、ドレッシーさを演出することができるからなのですね。

では、フォーマルスーツでの出席はどうなのでしょうか。

ご存じの通り、結婚式にはドレスコードがあります。

服装の基準が決められているのですね。

格が高いものから順に、正礼装、準礼装、略礼装があります。

結婚式では、正礼装は、主賓や親族(特に新郎新婦の両親)の服装で、女性なら黒留袖やアフタヌーンドレス、イブニングドレスになります。

準礼装は、一般のゲストの服装で、フォーマルドレス、フォーマルスーツがあります。

一番格下の服装になるのが、略礼装で、結婚式では「平服で」と指定された場合などの服装になります。

準礼装の主な服装がフォーマルドレスですので、結婚式にフォーマルスーツをお選びになるときに不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フォーマルスーツは、準礼装とされる服装にあたりますので、結婚式でもご着用になれるのですね。

結婚式ではNGなフォーマルスーツは避けましょう。

blog_20161112_2

フォーマルスーツを結婚式でご着用することになったら、そのスーツが、結婚式のマナーに違反していないかどうか確認しましょう。

フォーマルスーツの服装マナーも、ドレスのマナーと同じですので、下記の点に気を付けてみましょう。

・色、柄

白は花嫁さんの色ですので、避けましょう。

色は単色で、できれば柄の無い、無地のものを選びましょう。

プリント生地は、カジュアルに分類されますので、素敵な花柄がプリントされたものでも、結婚式での着用は避けましょう。

生地に織り込まれた柄につきましては、その柄が、生地の地の色と同じ色の場合は結婚式でもご着用いただけます。

・普段着をイメージさせる服装

スーツなら、リクルートスールは避けましょう。

ビジネスシールのイメージが強く、フォーマルに見えないからですね。

また冠婚葬祭用の、黒のフォーマルスーツも避けましょう。

どんなに小物で華やかさをプラスしても、不祝儀をイメージさせかねません。

・露出が多い服装

結婚式にフォーマルスーツでご出席の場合も、露出の多い服装は避けましょう。

特にスカート丈は、膝丈か、短くても膝上5cmまでにして、短すぎるスカートの着用は避けます。

結婚式にも着用できる、フォーマルスーツの選び方とは?

rd_206_italyrb_pls1_06

イタリアシルクのクレアドレス

結婚式はお祝いの場ですので、服装には上品な華やかさが必要です。

ですので、「きちんとした、お祝いの場に着用できるかどうか」を基準にお選びいただくと良いでしょう。

生地が、シルクや、シルクに似たサテンなどのもの、生地自体に華やかさがあるものをお選びいただくと、スーツだけでも華やぎが出ます。

その上で、後々、学校行事でもご着用になる予定でしたら、色は黒やネイビー、ベージュなどのベーシックな色をお選びになると良いでしょう。

また、ジャケット、ワンピースなど、スーツを単体で使えるものを選ぶと着回し力がアップします。

バッグや靴、コサージュ、ネックレスなどを、色を変えて組み合わせると、着回しの幅が広がりますよ。

上品に、お洒落が楽しめる一着をお選びになってくださいね。