結婚式のお祝い金|金額の相場、ご祝儀袋の表書き、中袋の書き方、持参マナーをご紹介いたします。

結婚式には、お祝いとして現金を持参します。このお祝い金は、お渡しする時はご祝儀袋に入れてお渡しします。

気になるのは、お包みする金額の相場ではないでしょうか。

ご祝儀袋の選び方、ご祝儀袋の表書きの書き方、お札の入れ方、お渡しの仕方にもマナーがありますので、ご紹介いたします。

目次

結婚式のお祝い金の相場
ご祝儀袋の選び方
ご祝儀袋の表書きの書き方
中袋の書き方
お札の入れ方
袱紗の包み方

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rd-101

結婚式のお祝い金の相場

 

お祝い金の金額は基本的に「奇数」で

結婚式のお祝い金の相場は、相手との関係性と、年代によって異なってきますが、関係性にかかわらず、お包みする金額は「奇数」にすると良いでしょう。

これは、偶数は「割り切れる」ことから「縁が切れる」とタブー視されることがあるからです。

とはいいましても、「10」は偶数ですが、許容されており、近年では、「2」は偶数でも「ペア(夫婦)」を表すとして許容されるようになっているようです。

それでも「死」を連想させる「4」や、奇数でも「苦労」を連想させる「9」は避けておくのが無難です。

千円札や五千円札を混ぜてお送りする場合も、お札の枚数は奇数になるようにします。

同僚や友人へのお祝い金の相場は3万円

・友人、同僚、部下、上司へのお祝い金は3万円
・きょうだいへのお祝い金は、贈り主が20代の場合は5万円、30代以上は10万円
・いとこへのお祝い金は、贈り主が20代、30代の場合は3万円、40代以上は5万円
・おい・めいへのお祝い金は、贈り主が20代、30代の場合は3万円、40代以上は10万円
・その他の親戚へのお祝い金は、贈り主が20代、30代の場合は3万円、40代以上は5万円

夫婦で出席する場合の金額の相場

結婚式に夫婦で出席する場合は、お料理も二人分用意していただくことになりますので、ご祝儀袋は1つでも5万円をお包みするのが相場となっています。

新郎新婦がきょうだいや親戚の場合は、二人で10万円をお包みするのが相場のようです。

子連れで出席する場合の金額の相場

子供が未成年の場合は、親と一緒にご祝儀を包むのが一般的です。

子供といえども、結婚式ではお料理が振舞われますので、親だけ出席の場合のご祝儀の金額に子供分をプラスしてお包みします。

子供が中学生未満の場合は、1人につき1万円、中学生以上の場合は、1人につき2万円多めにお包みします。

結婚式に欠席する場合のお祝い金の金額の相場と渡し方

通常の相場として、結婚式に出席した金額の2分の1~3分の1の金額とされていますが、欠席を相手に伝えるタイミング等で金額は変わってきます。

また、きょうだい、親戚に対しては、親戚間での前例などを踏まえて金額を決めると安心です。

結婚式を欠席する場合のご祝儀は、結婚式当日までに、相手と直接会える場合は、お祝いの言葉をのべ、直接手渡しします。遠方などで手渡しできない場合は、お祝いのメッセージを添えて現金書留で送ります。

なお、欠席の理由については、出産やご自身の結婚などおめでたい理由はそのまま伝えていただいても大丈夫ですが、病気や不幸などが理由の場合は伏せておきます。

・招待状をもらう前から欠席をお伝えしていた場合
友人や同僚などの、親戚以外に対しては、5千円~1万円が相場とされています。自分の結婚式の時に相手の方からご祝儀をいただいていた場合は、同額をお贈りします。

・招待状をもらってから、挙式より1か月前までに欠席の連絡をした場合
予め打診をされていない場合は、5千円~1万円で大丈夫ですが、打診をされていて「出席」と返事をしていたにも関わらず、事情があって欠席となった場合は、1万円をお包みすると良いでしょう。

・招待状をもらってから、出席と返信したが、挙式より1か月前までに欠席の連絡をした場合
一度は出席と返事をしたものの、諸事情で欠席せざるをえなくなった場合は、できるだけ早く欠席の連絡を入れます。ご祝儀は、出席時と同じ金額をお渡しするのがベストでしょう。
ですが、この欠席の連絡を入れた時点が、挙式よりも1か月前の場合は、出席時のご祝儀の2分の1~3分の1でも許容されます。その場合は、新郎新婦に欠席することになったお詫びも合わせてお伝えします。

・招待状をもらって、出席と返信したが、挙式の直前で欠席になった場合
この場合は、新郎新婦側も、結婚式の為に注文していたお料理や引き出物等がキャンセルできない状態になっていますので、出席者と同じ金額をお渡しします。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rdop-180

ご祝儀袋の選び方

 

結婚式用の祝儀袋は、文具店やデパート等で購入することができます。水引の向きにも注意して、結婚式に使用できるものを選びます。

また、ご祝儀袋には格がありますので、お祝い金の金額に見合った袋を選びます。

ご祝儀袋の各部の名称

一般的なご祝儀袋は、上のイラストのような構成になっています。ご祝儀袋の各部の名称をご紹介します。

①のし
アワビをのして(伸ばして広げて)干したものをかたどったもので、昔は、この「のし」が不老長寿の薬として使われていました。現在では、おめでたいことに使われるご祝儀袋につけられています。

②表書き
表書きは、何の目的での贈り物なのかを表します。結婚式の場合は、黒の墨で毛筆で書くのがマナーですが、筆ペンで書いても構いません。その際もインクは薄墨ではなく、黒を使用します。
また、表書きは③の水引よりも上に書きます。

③水引
結び方によって意味が異なってきますので、ご注意ください。水引の結び方の意味は、下記にご紹介しております。

④送り主の氏名
表書きよりもやや小さめに、水引よりも下に書きます。通常は氏名を書きますが、簡単な贈り物の場合は姓のみで書く場合もあります。

結婚式では、水引は赤と白、金と銀、または金と赤の組み合わせとなっている水引のものを選びます。

水引の結び方の意味

水引の結び方は大きく分けて2種類あります。

1つ目は、上のイラストの左端の結び方で「蝶結び」になります。

蝶結びは何度もほどいて結び直すことができることから、出産などの「何度あっても良い」慶事に使います。

上のイラストの真ん中と右端のものはそれぞれ、「結び切り」、「あわび結び」といい、ともに「結び切り」の結び方になります。

結び切りとはいわゆる堅結びで、一度結ぶと解けないところから、「1度きり」の慶事に向いています。

結婚式用のご祝儀袋は、この水引が結び切りになっているものを選びます。

金額に見合った祝儀袋を選ぶ

ご祝儀袋は、お包みする金額にふさわしい格のものを選びます。

一般的に、ご祝儀袋の金額はお祝い金の100分の1程度の金額のご祝儀袋を選ばれると良いとされています。

例えば、お祝い金が3万円の場合は300円程度のご祝儀袋がふさわしいということになります。

お祝い金の金額に見合わないような豪華なご祝儀袋を使うことはマナー違反となりますので、ご注意ください。

どのご祝儀袋にするかは、お包みする金額に見合ったものを選びます。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rdop-107

ご祝儀袋の表書きの書き方

 

市販のご祝儀袋では、①の「のし」と③の「水引」は既に付いているかと思います。

②の表書きも、既に印刷されている場合もありますが、書かれていない場合は表書きを黒字の筆または筆ペンで、水引の上部に書きます。

結婚式に使える表書きには、「寿」、「御祝」、「御結婚御祝」がおすすめです。「御結婚祝」は4文字になり、縁起が良く無いと考えていらっしゃる方もいらっしゃいますので避けた方が無難でしょう。

④の贈り主の氏名も書きます。送り主の氏名は、表書きよりも少し小さめに書くと良いでしょう。

連名の場合の贈り主の書き方

夫婦連名の場合は、ご祝儀袋の下段の真ん中よりも右側に夫の氏名を、左側に妻の名前のみを書きます。

3人で連名の場合は、右から左に書きます。上下関係がある場合は、一番上の立場にある人から書きます。上下関係が無い場合は、五十音順に書きます。

4人以上での連名の場合は、表に代表者の氏名を書き、その左にやや小さく「外一同」と書きます。残りの人の氏名は、奉書紙(和紙の一種)などに書き、ご祝儀袋に入れます。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rd-117

中袋の書き方

市販のご祝儀袋の中には、紙幣を入れる中袋と呼ばれる封筒が入っています。

中袋にはお祝い金の金額と、贈り主の氏名、住所を書くのがマナーです。

既に中袋に金額、住所、氏名を書く場所が印刷されている場合は、その場所に記入します。

書く場所が印刷されていない場合は、下のイラストのように描きます。

中袋も毛筆または筆ペンで書くのがおすすめですが、サインペンでも書くことができます。

中袋の表面には漢数字は使用せず大字(だいじ)で書きます。

一、二・・・等、漢数字は、棒を足すだけで数字が改ざんされる可能性もあるので、壱、弐、参などの大字を使って書くようにします。

また金額は「金・・・円」と書くようにします。

主な大字をご紹介します。( )内は略式になります。

金壱萬円(金一万円)
金弐萬円(金二万円)
金参萬円(金三万円)
金伍萬円(金五万円)
金拾萬円(金十万円)

お札の入れ方

 

お札は肖像がある方が表になります。

ですので、お札は向きを揃え、さらに肖像を上側にして封筒に入れます。

下の図は、お札を中袋に入れる時のイメージです。

また、結婚式のご祝儀にお贈りするお札は新札を揃えるのがマナーです。

新札とは、銀行から発行されてから未使用のお札となります。

新札を入手するには、銀行または郵便局で両替してもらうか、新札専用のATMで両替します。

このように手間がかかるところから、新札を使うことは「結婚式を楽しみに準備していました」というメッセージにもなります。

一方、弔事の場合は逆で、弔事の香典には「急なことで準備できなかった」という意味を込めて、しわ、折り目のあるお札が使用されます。

こうしたところから、結婚式のご祝儀に折り目の入ったお札を持参するのは避けたいものです。

ですが、どうしても銀行まで行って両替する時間がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

その場合は、新札ではないけれど折り目の無いお札をお包みします。

このように、新札ではないけれど、折り目が無いので新札のように見えるお札をピン札といいます。

結婚式のご祝儀には新札またはピン札をお包みしましょう。

袱紗(ふくさ)の包み方

結婚式にご祝儀をお持ちする際は、金封をそのまま持参するのはマナー違反ですので、ご祝儀袋のままバッグ等に入れずに袱紗に入れてお持ちします。

袱紗の色は、結婚式などの慶事には、赤、えんじ、金などの暖色系のものを使用します。

弔事には緑、紺、グレーなどの寒色系の色のものを使用します。

ちなみに、紫の袱紗は慶弔のどちらにも使用することができます。

また袱紗には、ご祝儀袋を挟む仕様になっているものと、風呂敷状のものがあります。

挟む仕様になっているものはそのまま袱紗を挟んでしまえば大丈夫なのですが、自分で包まなければならないタイプのものは、次のように包みます。

① 左を折ります。
② 上を折ります。
③ 下を折ります
④ 右を折ります。
⑤ 端を折り曲げます。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rdop-163