結婚式のご祝儀は、袱紗に入れて持参します。知っておくと便利な袱紗のマナー

結婚式にご祝儀を持参するときは、袱紗に入れて持ってゆきますよね。

この記事では、知っておくと役に立つ、袱紗の役割とマナーをご紹介いたします。

袱紗は何のために使うの?

20160830_09

結婚式に持参するご祝儀は、新郎新婦への大切な贈り物。

そのご祝儀袋が、バッグの中で汚れたり、折れたりしたら大変です。

ご祝儀袋の水引が崩れたり、袋が皺にならないように、結婚式にご祝儀を持参する際は、袱紗に入れましょう。

また、ご祝儀袋を袱紗に入れることには、先方の祭礼を重んじ、喜びをともにする気持ちを示すという意味もあるそうです。

もともと、貴重品が入れられていた箱にかけられた風呂敷が、いつしか贈答品を運ぶ際の汚れ、日焼け防止にかけられた布に変わり、ついには慶弔行事に送られる金封を包む袱紗に変わったようで、そこには礼節と心遣いが込められているのです。

そんな細やかな心配りを、お祝いのお席でも示せたら素敵ですね。

結婚式での大切なマナーの一つとして、袱紗を使用してみてくださいね。

袱紗の種類と、色。一つだけ持つなら、どれを選ぶ?

20160831_1

出典 ザックザック Zak Zak

袱紗には、ちりめんや絹で作られた四角い布だけの袱紗のほか、台付き袱紗、金封袱紗などもあります。

台付き袱紗は、上の写真のような、文字通り、袱紗に台が付いたものです。

ここでは、一番お手軽な金封袱紗をご紹介しますね。

金封袱紗とは、こちらの写真のような、金封(慶弔に送るお金を入れた封筒)を入れる、袋型の袱紗です。

お色は様々なものが販売されていますが、慶弔共に使用できるとされているのは、紫になりますので、1つだけお持ちになりたい場合は、紫をお選びいただくと良いでしょう。

20160831_05

出典 aurora

金封の包み方にも、マナーがあるの?

20160831_03

ところで、金封袱紗にお金を入れるのにもマナーがあります。

結婚式などの慶事には、右開きになるように、お葬式などの弔事には、左開きになるように金封を入れるのがポイントです。

このマナーは、他のタイプの袱紗も同じですので、覚えておくと便利です。

金封の入れ方は、上の写真をご参照くださいね。

会場でご祝儀をお渡しする時は、金封袱紗の上に、ご祝儀袋を乗せて差し出しましょう。

読者様のお祝いの気持ちが、相手の方に伝わりますように。