結婚式のスピーチを任されたら、スピーチの内容を組み立てます。結婚式のスピーチの構成をご紹介します。

●結婚式のスピーチを任されたら、スピーチの内容を組み立てます。結婚式のスピーチの構成をご紹介します。

結婚式のスピーチでは、新郎新婦の人柄が伝わる内容にし、新郎新婦へのはなむけの言葉を送り、お二人の幸せを願ってスピーチを締めます。

新郎新婦の人柄が伝えるには、学生時代での思い出や仕事などでのエピソードを盛り込むとまとまりやすくなりますよ。

結婚式では避けたい忌み言葉があるので、思い付きでその場で話さず、予め原稿に起こして言葉をチェックしてから臨む方がよいかもしれません。

結婚式での忌み言葉といえば、「別れ」や「再婚」を連想させる言葉です。

例えば、「壊れる」「割れる」「切れる」「終わる」などの語や、「またまた」「たびたび」などの重ね言葉があります。

スピーチ自体の長さは、3分ぐらいで収まるようにします。

結婚式でのスピーチの構成とは?

まず最初に、結婚式に招待していただいたことへのお礼と、お祝いの言葉を述べます。
「本日はお招きいただき、・・・」
「〇〇さん、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。」

次に、自己紹介をします。その時、新郎または新婦のどちらとの関係者かを述べます。
「新婦〇〇さんと同じ大学で・・・」

このあと、新郎新婦の人柄が伝わるエピソードを入れます。
新郎または新婦の良い面を伝える内容にします。

新郎新婦へのはなむけの言葉を述べ、締めます。
「これから嬉しいこと、大変なこともたくさんあるでしょう。それでもふたりのその笑顔で幸せな家庭を・・・」
「本日は本当におめでとうございます。ありがとうございました。」

【本日のおすすめドレス】

結婚式にワンピースでご出席の場合は、上品で上質感のあるものを選ばれるとよいでしょう。

結婚式にふさわしい装いができますよ。

下のお写真のワンピースは、シルクでお作りしたフォーマルドレスです。

お色は着る人を選ばない黒です。

シルク特有の上品な光沢ありますので、結婚式にふさわしい華やぎを備えたドレスです。

長めのお袖が付いていますので、気になる二の腕はカバーしてくれる上に、このドレス一着だけでフォーマルなスタイルを完成させることができますよ。

結婚式だけではなく、二次会、パーティー、同窓会、お食事会などにもおすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、下のリンクからご覧いただけます。

こちらのドレスは現品限りで再入荷は予定しておりませんので、ぜひお早目にどうぞ。

https://www.classicdonna.jp/control-panel/item/cat-001/rd-101