結婚式のマナー:招待状の返信のハガキに書けるメッセージをご紹介します。

●結婚式のマナー:招待状の返信のハガキに書けるメッセージをご紹介します。

結婚式の招待状の返信は早めに出すのがマナーです。

出席の場合は、招待状が届いてから2~3日以内に出すとよいでしょう。

ですが、予定が立たなくてすぐには返信できない時は、まずは主催者にその旨をSNSや電話等で伝えて返信の期日を決めます。

返信の期日までに予定が立たない場合は、欠席で返信ハガキを出しましょう。

最初から欠席することが分かっている場合は、招待状が届いてから1週間後に出すと良いでしょう。

返信のハガキを出す時は、出欠にかかわらず、ハガキの空いているところにメッセージを書いて返信します。

その時、「。」と「、」の句読点は使わずに書きましょう。

こちらの記事では、メッセージの例文をご紹介いたします。

出席する時のメッセージの例文をご紹介します。

以下は同僚や上司にもお送りできるメッセージの例文です。

お送りする方が、友人や同僚、部下の場合は、メッセージに親しみを込めて書くこともできます。

ポイントは、相手を敬うメッセージにすることです。

<メッセージ例>

ご結婚おめでとうございます
喜んで出席させていただきます
当日を楽しみにしております

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
慶んで出席させていただきます

欠席する時のメッセージの例文をご紹介します。

欠席する場合は、お祝いの言葉と、欠席理由とお詫びを書きます。

ただし、欠席理由が弔事や病気の場合は「やむをえない事情で」とぼかしましょう。

<メッセージ例>

おめでとうございます
せっかくお招きいただきましたが
あいにく所用のため
残念ながら欠席させていただきます
おふたりのお幸せを心よりお祈りいたします

【本日のおすすめドレス】

結婚式にゲストとしてご出席される場合は、上質感をそなえた、きちんとした服装で出席するのがマナーです。

その場にふさわしい雰囲気をまとうことができますよ。

下のお写真のドレスは、ネイビーのシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

ネイビーは引き締め効果がありますので、女性には嬉しいお色ですね。

フレンチスリーブが付いていますので、このドレス一着だけでも結婚式にご出席いただけます。

ウエストラインを高めにお作りしたふんわりフレアスカートが、ヒップをカバーして、脚長効果をプラスしてくれますよ。

シルクの品のある光沢が放つ華やぎと上質感をまとって、フォーマルな場でもエレガントにみせてみませんか?

結婚式、二次会だけではなく、パーティー、お洒落なレストランでのお食事会などにおすすめです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、下のリンクからご覧いただけます。

現品限りのドレスで再入荷は予定しておりませんので、ぜひお早目にどうぞ。

結婚式、二次会のドレス・ステラドレス・ブラック、ネイビー・7号、9号、11号