結婚式の二次会の服装は?ご祝儀も必要?結婚式の二次会でのマナーをご紹介します。

結婚式の二次会ではどのような服装で出席すれば良いのでしょうか?

結婚式に続いて二次会に出席する場合は?結婚式には出席せず、二次会から出席する場合は?

またご祝儀は新たにお渡しする必要はあるのでしょうか。

結婚式の二次会でのマナーをご紹介いたします。

結婚式のお呼ばれドレス・デイジードレス・ブラック(5号、7号、11号、13号、15号)、ネイビー(5号、7号、9号、11号、15号)

目次
1. 結婚式の二次会での服装マナーとは?
2. 二次会でもご祝儀を渡すべきでしょうか。
3. もちろん、二次会でも遅刻は厳禁です。

結婚式、二次会のドレス・ステラドレス・ブラック(7号、9号)、ネイビー(7号、9号、11号)


1.結婚式の二次会での服装マナーとは?

結婚式から続けて二次会にも出席する場合は、結婚式での服装のまま出席することができます。

二次会は、結婚式ほど服装マナーは厳しくありませんので、多少の肌の露出や柄の付いたワンピース等も許容されています。

結婚式ではボレロを羽織って肩を見せないようにしていた場合は、二次会ではドレスだけで印象を変えてご出席いただくこともできます。

また、結婚式には出席せず、二次会のみに出席する場合は、招待状に「平服で」と指定されていることが多いのではないでしょうか。

この「平服」、というのは「普段着で」という意味ではないのでご注意を。

結婚式と同日に行われる二次会では、結婚式の参列者は結婚式の服装のまま参加しますので、逆にカジュアル過ぎると浮いてしまう可能性もあります。

二次会からのご出席の場合も、女性は華やかさのあるお洒落なワンピースやアンサンブル、男性はスーツで出席するのがおすすめです。

披露宴のドレス・レディーライク(淑女)ドレス・ネイビー(7号)


2.二次会でもご祝儀を渡すべきでしょうか。

二次会は会費制になっているので、ご祝儀を渡す必要がありません。

会費はご祝儀袋などに包まず、お財布から直接出して受付でお渡しします。

逆に会費を包んでしまうと受付係の手間を取りますので、包まないで用意しておきましょう。

会費とは別に新郎新婦にお祝い金やプレゼントを渡したい時は、当日は新郎新婦は忙しいものですので、当日の1週間前までに前もってお渡ししておくと良いでしょう。

お祝い金をお渡しする場合は、高額ですと新郎新婦がお返しを考えなければならなくなりますので、1万円以下にするのがおすすめです。

ゲストドレス・オードリードレス・ブラック(9号)、ネイビー(9号)


3.もちろん、二次会でも遅刻は厳禁です。

結婚式と違い、二次会はカジュアルな印象がありますが、遅刻は結婚式と同様に厳禁です。

遅刻者がいると、受付係は会費を徴収しなければならないため、持ち場を離れることができませんし、二次会の進行にも影響が出てしまうことがあります。

でも不測の事態で遅刻を避けられないこともあるものです。

遅刻しそうになったら、事前に連絡を入れておくのがおすすめです。

シルクのフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・ネイビー(11号、13号)、ブラック(5号、7号、9号、13号、15号)