結婚式の二次会を開くなら、幹事さんに協力を頼みましょう。

結婚式の二次会を開くと、結婚式から引き続いて出席される方の他に、結婚式には出席しなかった方々も参加されるので、より多くの方から結婚を祝福していただけることになるでしょう。
結婚式の二次会は、ゲストは新郎新婦の友人が中心となることが多いお祝いの場ですので、少し気楽に考えてしまうかもしれませんが、規模が大きくなればなるほど準備は大変なものです。しかも、新郎新婦は結婚式の準備もありますので、当日が近づくほど多忙を極めるでしょう。
ですので、二次会を開く場合は、幹事さんに協力してもらってはいかがでしょうか。

幹事さんにお任せする仕事内容とは?

blog2_06
二次会で幹事さんを立てるにしても、お仕事を丸投げするのは避けましょう。お互いに協力し合うことが必要です。
特に予算に関しては、二次会会場の支払い等は新郎新婦が行いましょう。
幹事さんの仕事内容としては、このようなものがあります。
・二次会の会場を探す。
実際に会場を下見して決定する時は、新郎新婦も同行しましょう。
・ゲストの人数が確定したら、二次会で使える予算を決定します。
ゲストに招待状を出すのは、新郎新婦か幹事さんなのかは予め決めておきましょう。
・二次会当日の役割決め
受付、司会、音響などの演出、会計などを幹事さんに決めてもらいましょう。
また、当日の余興やスピーチなども、幹事さんから依頼してもらっても良いでしょう。
・ゲームの景品、備品などを買う。
決められた予算の中で、購入してもらいましょう。

幹事を頼むなら、こんな人!

20161208_2
幹事のお仕事は、打ち合わせや、二次会のスケジュール作成、買い出しなど、膨大な時間と労力を費やすものです。
かといって、途中でお仕事を投げ出されても困ってしまうものですよね。
ですので、幹事をお願いするのでしたら、仲が良い友人で、責任感があり、社交性がある方が良いでしょう。
二次会幹事の経験者だとなおさら良いですね。
そして新郎新婦からそれぞれ2人ずつお願いし、少なくとも4人体制で幹事を引き受けていただくとよいでしょう。
いずれにいたしましても、幹事さんも、普段は仕事があって忙しいもの。
それにもかかわらず、幹事を引き受けてくれるご友人には感謝の気持ちを持てたらいいですね。

幹事さんが見つからない場合は?

blog_20161124_2
二次会を開きたいけれど、どうしても幹事さんが見つからない場合や、二次会に出席する友人には裏方の仕事をさせたくない場合等は、どうすればよいのでしょうか。
そんな時は、二次会の幹事を代行してくれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
「二次会 幹事代行」で検索してみると、お好みのサービスが見つかるかもしれません。
信頼のおける幹事さんが見つかればいいですね。