結婚式の受付になったら。おすすめの服装をご紹介いたします。(女性編)

結婚式の受付は、まさに、「両家の顔」です。

受付として恥ずかしくない服装とは、どのようなものなのでしょうか。

結婚式の受付を担当される女性にふさわしい、服装についてご紹介いたします。

結婚式の受付になったら、服装はこのようなポイントを意識しましょう。

rd-211_bl_03

結婚式の受付は、招待する側になりますので、ゲストをお迎えするためにも、フォーマルな服装を意識しましょう。

肌の露出を控えた、清楚で上品な服装がおすすめです。

必ずしも和装にする必要はありませんが、ドレスにされるのでしたら、お袖付きのものか、ノースリーブのドレスでしたら、ボレロを合わせましょう。

ドレスの丈は、膝丈か、膝が隠れるくらいの丈で、単色無地のドレスがおすすめです。

安いドレスは、生地がペラペラでしたり、おもちゃのような飾りがついていたりしますので、品がないように見えてしまいます。

出席者の中で浮いてしまわないように、ある程度、きちんと見える、上品なものを選ぶようにしましょう。

アクセサリーは、どのようなものを選べばよいでしょうか?

20161016_1

ネックレスは、パールのものがおすすめです。

上品に見せてくれる上に、華やかさもプラスしてくれますし、昼間、夜と結婚式の時間帯を問わず、ご使用いただけるのも魅力です。

イヤリングを合わせる場合は、パールのネックレスに合わせて、パールのイヤリングも素敵ですね。

イヤリングは、パール以外でも大丈夫ですが、大振りの、揺れるものは避けた方が良いでしょう。

「揺れる」ということから、「家庭が安定しない」ということを連想させるからとも言われています。

また、昼間の結婚式では、光り物のアクセサリーはNGです。

もし、パール以外のものを選ぶのでしたら、光を極力抑えたものをお選びください。

逆に夜の結婚式では、光を放つアクセサリーを身に着けて、華やかさを演出しましょう。

バッグ、靴は、どのようなものが良いでしょう?

20161016_2

バッグは、フォーマル感のある小ぶりなものを選びましょう。

小さくても、携帯電話やハンカチなど、身に着けておきたいものが入るサイズが良いですね。

バッグに入りきらない場合は、サテンなどの上質感のあるサブバッグをプラスしてもOKです。

受付では、荷物を足元にさっと隠しておけるように、持ち物はまとめておきましょう。

靴は、ヒールがあるものを履くのがマナーです。

ですが、ヒールがあっても、ミュールや、オープントゥの靴は、フォーマルなものではありませんので、避けましょう。

もちろん、靴にはベージュのストッキングを合わせ、素足や黒のストッキングは避けてくださいね。

最後になりましたが、受付ではお辞儀をしますので、ヘアスタイルは、顔に髪がかからないようにアップスタイルがおすすめです。

また、ご祝儀をお預かりする時は、手先を見られるので、ネイルにも気を付けましょう。

結婚式の受付を任されたら、上品な服装を心がけましょう。