結婚式の受付は、どのくらい早く済ますべき?ゲストの到着時間についてまとめてみました。

結婚式にお呼ばれされたら、ゲストとしてどのくらい早く結婚式場に到着すればよいのでしょう。

初めて行く場所なら、道に迷ったりするかもしれませんし、交通渋滞や電車の遅延に巻き込まれることもあるかもしれません。

それらのことを考慮すると、早めに到着しておいた方がよさそうです。

結婚式場には、どのくらい前に到着すればよいのでしょう?

blog_14

挙式、披露宴のスタイルやスケジュールは、それぞれのお式によって異なっていますので、まずはいただいた招待状を確認してみましょう。

また、挙式と披露宴の両方に出席する場合と、披露宴のみに出席する場合でも、到着しておかなければならない時刻が異なってきます。

もし招待状に、「○時までにお越しください」「挙式時間の○分前までにご到着ください」等の記載があれば、遅くとも、その時間までに到着するようにしましょう。

受付では、ご祝儀をお渡ししたり、芳名帳に記帳するだけではなく、新郎新婦にメッセージを書くこともありますので、余裕をもって到着できればいいですね。

余裕をもって結婚式に参列するには、招待時間のどのくらい前に到着するとよいでしょうか?

20160816cd

かなり早く到着してしまうと、会場の準備がまだ整っていないことがありますし、逆に、受付時間ぎりぎりに到着してしまうと、受付が混雑してしまっていることもあります。

では、招待時間のどのくらい前に到着するとよいのでしょうか。

おすすめの到着時間を、時間別にご紹介いたします。

まず、招待時間の1時間前に到着する場合です。

会場内に控室がある場合は、このくらい早く到着されると、女性ならお化粧直しがしっかりできますし、また、夏場なら、会場に到着するまで汗が噴き出してしまうことがありますので、会場で着替えることもできます。

忘れ物をしても、取りに帰ったり、買いに行くことも可能です。

招待時間の30分前に到着する場合は、受付や、メッセージの記入もでき、お化粧直しなどの身支度もできるくらいの余裕があるでしょう。

招待時間の10分前に到着することもできますが、その場合でも、会場の近くのカフェなどで一息ついてから行くぐらいの、余裕を持ちましょう。

万が一、遅刻、ということになったら。

20160830_05

挙式の遅刻は、式の進行を妨げてしまいかねないので、指定の時間には、会場に到着するようにしましょう。

それでもやはり、思いもよらないことは起こるものです。

もしも結婚式に遅刻することがわかったら、出席しているはずの友人と会場に連絡を入れましょう。

ご祝儀を受付で渡せなかった場合は、結婚式が終わってから、ご両親にお渡ししましょう。

くれぐれも、式の最中に新郎新婦に連絡をしたり、受付で渡せなかったご祝儀を渡さないようにしてくださいね。

こちらの記事では、結婚式場にどのくらい早く到着したらよいかをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

結婚式場で着付けをされる方は、2時間ほど前に入られることがあるそうです。

また、早めに到着されたゲストには、ウエルカムドリンクが振舞われ、久しぶりに会う友人たちと会話を楽しむこともできます。

お祝いの一日は、時間にも余裕をもって臨みたいですね。