結婚式の受付係を引き受けたら。受付での対応の仕方をご説明いたします!

結婚式で受付を引き受けたら、お仕事の全体的な流れはこちらでご確認してみてくださいね。

こちらの記事では、受付でのゲストの対応の仕方についてご紹介いたします。

まずは、ご祝儀をお預かりいたしましょう!

20161008_5

2人以上で受付を行う場合は、「案内係」と、受け取ったご祝儀を管理する「ご祝儀係」に役割分担すると、ゲストのご案内がスムーズできます。

ゲストがお見えになったら、立って一礼します。

お祝いの言葉をいただいたら、両家の代表として、「ありがとうございます」と笑顔で挨拶しましょう。

親族だとわかる場合は、「本日は誠におめでとうございます」と挨拶します。

ご祝儀を手渡されたら、案内係は「ありがとうございます。お預かりいたします。」と述べて受け取ります。

ご祝儀係は、ご祝儀袋のお名前を確認して、ゲスト名簿でチェックしたら、ご祝儀を置くお盆(たいてい、会場で準備されます)の上に置きましょう。

受付が両家で別れていない場合は、いただいたご祝儀を、新郎側、新婦側に分けておきましょう。

次に、芳名帳への記帳をお願いしましょう!

20161008_2

ご祝儀をお預かりしたら、案内係は、「恐れ入りますが、こちらにご記帳をお願いします」と述べ、指をそろえ、手のひらを上にして芳名帳を指しながら、記帳をお願いします。

芳名帳も、新郎側、新婦側で分けておきましょう。

また、2つ折りタイプの芳名帳は、片面だけに記帳していただきましょう。

インクが裏面に透けて見えるのを避けるだけではなく、「裏表がない」という縁起も担がれています。

ご記帳いただいたら、控室の方向に手を向けて進んでいただきましょう。

ご祝儀を受け取った後の取り扱いにつきましては、こちらでご紹介しておりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

ご祝儀泥棒対策をご紹介しております。

受付で使える言葉をご紹介します。

20161008_3

結婚式の受付係は、招待する側の立場になりますので、ゲストに対しては感謝を込めて、心のこもった対応をしましょう。

そのためには、どのような言葉をゲストに返せばよいのでしょうか。

一般的な受付のお仕事の流れの中での言葉は上記にご紹介いたしましたので、その他のおすすめの言葉をご紹介いたします。

まず、ゲストが受付にいらっしゃったとき、「おめでとうございます。」と祝福の言葉をいただいたら、「本日はお忙しい中、ご出席いただきましてありがとうございます。」と返しても良いでしょう。

ただ、受付が混雑してきましたら、「ありがとうございます。」だけでも十分です。

ご出席いただいたゲストの中には、お車代をお渡しする方もいらっしゃるでしょう。

その時は、「本日は、お忙しい中、お越しいただきましてありがとうございました。」または「ほんの心ばかりでございますが」という言葉を添えてお渡ししましょう。

また、ご記帳いただいたゲストには、「開宴までもうしばらくお待ちください。控室は○○○となっております。」などと、ご案内するのもおすすめです。

結婚式では花形のお仕事ともいえる受付のお仕事。

ぜひ自信を持って、こなしてくださいね!