結婚式の受付係を頼まれたら。受付係のお仕事をご紹介いたします。

結婚式の受付係は、両家を代表する顔です。

しかも、ご祝儀というお金を扱う仕事ですので、信頼のある人が任される、特別な係です。

ぜひ、誇りをもってお仕事に臨まれてくださいね。

では、受付係のお仕事はどのようなものなのでしょうか。以下にご紹介いたします。

結婚式の前日までにやっておくべきこと。

20161008_2

結婚式当日は、新郎新婦は忙しいものですので、できれば前日までに、下記の事項を確認しておきましょう。

・受付係の集合時間と、受付の開始時間

通常、開宴の30分前から受付を開始するので、開宴の1時間前に集合することが多いようです。

・受付の全体的な流れ

お車代を渡すゲストは誰か、取り次ぎが必要なゲストはいるかどうか、そして、お預かりしたご祝儀を受付終了後にどなたに渡すかも、確認しておきましょう。

ちなみに、お預かりしたご祝儀を最後に預けるのは、親族の方が多いようです。

・遅刻者への対応の仕方

遅刻者が出た場合、どのように対応すればよいのか、当日慌てないように、確認しておいてくださいね。

結婚式当日の、受付開始前は?

20161008_3

受付が始まる30分前には会場に集合して、打ち合わせを行います。

一緒に受付をするメンバー、そして会場スタッフの顔を覚えましょう

会場スタッフから、受付で必要な道具等や受付の流れについての説明を受けますので、仕事の内容を確認しましょう。

ゲストから尋ねられた時にお答えできるよう、披露宴会場やクローク、トイレの場所なども確認しておいてくださいね。

できれば、受付が始まるまでに、新郎新婦の控室に行き、受付係として挨拶しておくと良いでしょう。

さらに、受付中は持ち場を離れることは好ましくありませんので、受付開始までには、ご自身のトイレも済ませておきましょう。

結婚式の受付の流れ

20161008_1

ゲストがお見えになったら、立って挨拶しましょう。

ご祝儀を受け取り、記帳をお願いします。

記帳を済ませたゲストには、席次表を手渡し、控室の方向に手を向けてお進みいただきましょう。

受付の手が空いた時は、自分のご祝儀を出して記帳したり、お車代がきちんと手渡されているかどうか、また主席状況なども確認しましょう。

結婚式の受付係の役割を、好印象でこなせるポイントにつきましては、この後の記事でいくつかご紹介いたします。

受付のお仕事を引き受けるなら、「やってよかった」と思える仕事ができるようにベストを尽くせたらいいですね!