結婚式の招待状の返信で、食品アレルギーはどのように伝えたらよい?

結婚式での楽しみの一つは、なんといっても豪華なお料理。

新郎新婦は、ゲストの一人一人に、料理を楽しんでもらいたいと思っています。

最近の結婚式招待状にある、アレルギーの確認欄の記入の仕方についてご紹介いたします。

アレルギーが有る場合の返信の仕方

20160919_1

アレルギーが有る場合は、招待状の返信はがきにどこまで書いたらよいのか、遠慮の気持ちが沸くかもしれません。

アレルギーのせいで、お料理をアレルギー対応のものに変えてもらわなければならなくなるかも、と思うと、申し訳ないような気分もするでしょう。

ですが、新郎新婦は、アレルギーを気にすることなく、食事を楽しんでもらいたいため、必要な情報として訪ねているわけですから、正直に書いてしまいましょう。

お詫びの言葉を添えるなどして、新郎新婦の気遣いに対する感謝の気持ちをプラスして書けば、失礼にも当たらない伝え方ができますよ。

こちらは、文例です。

「大変恐縮ですが、○○のアレルギーがありますので、ご配慮いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。」

「大変申し訳ありませんが、○○のアレルギーがありますので、ご考慮いただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。」

夫婦、家族で、連名で返信する場合、誰かにアレルギーが有る時の返信の仕方は?

blog_19

夫婦やご家族で招待を受けた場合で、そのうちの誰かがアレルギー対応が必要な場合も、上手に伝えてみましょう。

アレルギーがあるのは誰で、どんなアレルギーがあるのかをはっきりと書きます。

この時も、お詫びや、新郎新婦の気遣いに感謝する言葉を忘れずに書くとよいでしょう。

こちらは文例です。

「大変申し訳ございませんが、夫の○○に××のアレルギーがありますので、ご配慮いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。」

「ご面倒をお掛けいたしますが、長女の○○に××のアレルギーがありますので、ご配慮いただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。」

アレルギーが無い場合の返信の仕方は?

blog2_06

アレルギーが無い場合でも、受け取った招待状の返信ハガキに、アレルギーの有無を尋ねる欄がある場合は、空欄のまま返信するのは避けましょう。

受け取った新郎新婦側に、「記入漏れかもしれない」と心配させてしまうことがあるからです。

新郎新婦にとっては、アレルギーの情報は、どのゲストにもお食事を楽しく召し上がっていただくためには重要なものです。

アレルギーがなくても、そんな新郎新婦の気遣いに配慮して、一言添えてみてはいかがでしょうか。

文例をご紹介いたしますね。

「特にアレルギーありません。お心遣いありがとうございます。」

「アレルギーは何もありません。お気遣いありがとうございます。」

結婚式でも、アレルギー対応してくれるようになっていますので、アレルギーが有る場合は、遠慮せずお伝えくださいね。