結婚式の招待状の返信はどうやって書く?出席の場合の、書き方とマナーについて

結婚式の招待状を受け取ったら、返信を送りましょう!

でも、返信の書き方にマナーがあります。

お互いに気分良くなれる、返信の書き方をご紹介いたします。

返信は、何で書く?インクの色は何色?

blog2_09

結婚式の招待状と一緒に送られてくる返信用はがきには、毛筆か筆ペン、黒の万年筆で書くのが基本となっています。

でも、水性のボールペンでも大丈夫です。

インクの色は、黒で、不祝儀を表すグレーや、ブルーは避けましょう。

もちろん鉛筆はNGです。

招待状の、宛名が書かれた面(表面)では、宛名の「~行」の「行」を定規で二重線を引いて消し、横に「様」と書きましょう。

「様」は、相手への敬称ですので、宛名よりも少し大き目に書くとよいそうですよ。

出席の場合の、返信の書き方は?マナーはあるの?

blog2_06

まず、はがきの「ご出席」の「ご」を縦の二重線で消して、「出席」を○で囲みましょう。

そして、「ご欠席」も縦の二重線で消しましょう。

この出欠の欄の下方(縦書きの場合)に空欄がありますので、そこにお祝いのメッセージを書くとよいでしょう。

横書きの場合は、メッセージ欄がありますので、そこにお祝いのメッセージを書きましょう。

文字の訂正には二重線を使うのが一般的ですが、それが「縁を切る」を連想させることにもなるようですので、
結婚式の招待状では赤字で「寿」の字を使って訂正することもあります。

howtouse

出席の場合の、お祝いメッセージは、どう書いたらいい?

blog3_03

縦書きのハガキは、出欠下方の余白に、横書きのハガキの場合は、メッセージ欄にお祝いのメッセージを書きます。

新郎新婦のみならず、ご両親もご覧になる可能性がありますので、砕けすぎた文章は避けましょう。

また、句読点(「、」「。」)は打たない、というマナーがありますので、句読点は打たずに書いてみてはいかがでしょう。

これは、お祝いごとには終止符を打たない、との理由からだそうです。

文例をご紹介いたします。

・ご結婚おめでとうございます
喜んで出席させていただきます
○○○さんのウェディングドレス姿がとても楽しみです

・ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
喜んで出席させていただきます

マナーを守って、相手を大切にする気持ちを伝えましょう。