結婚式の費用は、どう節約する?節約しながらも、満足の行く結婚式を挙げられる方法とは?

結婚式で実現させたいことに、いくらでもお金を掛けられる場合はさておき、限られた予算内で納得がいく結婚式を挙げたい場合は、どのように資金を割り当てればよいのでしょうか。
挙式にかかる費用は賢く抑えつつ、満足の行く結婚式を挙げられるポイントをまとめてみました。

二人にとって、結婚式で重視したいものは何でしょう?


結婚式では、ゲストに振舞うお料理、飲み物の他に、引き出物、余興などの演出、ウエディングケーキ、お花、新郎新婦の衣装等、お金をかけることができる項目が沢山あります。
もし予算に限りがあるのでしたら、二人が特に重視したいものにお金を掛けて充実させてみてはいかがでしょう。
重視したいものが複数ある場合は、二人で話し合って優先順位を付けてみましょう。
カップルによっては、「衣装を充実させたい」、「演出にお金を掛けたい」など、希望がそれぞれあることでしょう。
ただ、ゲストのお料理は、その内容があまり貧相だとゲストの不満を買いかねません。
ですので、ある程度はゲストに満足いただけるレベルの内容にすると良いでしょう。

結婚式の会場やスタイルでも、費用は変わってきます。


結婚式の内容だけではなく、式場や、どのようなスタイルで行うかによっても費用は変わってきます。
結婚式会場には、ゲストハウス、ホテル、レストラン、リゾートなどがあり、会場によっても値段が変わってきます。
また、結婚式のスタイルには、挙式と披露宴を一緒に執り行うものから、お料理重視のレストランウエディング、少人数で行うウエディング、写真のみのフォトウエディングもあります。
レストランウエディングは、お料理にお金を掛ける他は、比較的費用も安く済むでしょう。
少人数で行うウエディングは、ゲストが少ない分、ご祝儀も少なくなりますのでご注意ください。
フォトウエディングでは、二人で写真と撮るだけですので、一番費用を抑えることができます。

予算をオーバーしそうな時は、どうすればいい?

二人の希望を追加していくうちに、予算をオーバーしてしまうことはよくあることです。
その場合は、もう一度内容を見直して、削れるものは削りましょう。
カードなどの紙類は手作りするのもおすすめです。
ただし、会場によっては持ち込み料金を追加されることがありますので、その点は確認しましょう。
また、会場と値段交渉をしてみるのもよいかもしれません。
割引サービスなどを案内してくれることがあります。

お金を掛けたいところにお金を掛け、不要なものは削ることで、満足の行く、素敵な結婚式を挙げられますように。