結婚式の費用はどのくらいかかる?予算はどう立てたらよいのでしょうか?

結婚式といえば、「費用がかかるもの」と、お考えになる方も多いのではないでしょうか。
確かに結婚式には費用がかかりますが、貯金のない若い二人が、結婚式を挙げるのをあきらめる必要もありません。
予算を賢く立てて、思い描いた結婚式を挙げてみませんか。

結婚式の費用の相場はどのくらい?

結婚式の費用の相場は、平均で260万円ほど、招待するゲストの人数は60人前後が多いようです。
この結婚式費用には、ゲストのお料理や飲み物、ウエディングケーキ、会場使用料、控室使用料、新郎新婦の衣装、引き出物等々の他にも、披露宴とは別途執り行われる挙式の費用も含まれています。
この金額は、一般的な結婚式のものですので、もしお料理やお花、衣装や演出まで、すべてにこだわった結婚式を挙げる場合は、金額は当然のことながらアップしますし、結婚式を挙げる二人が重視したいもののみにこだわった結婚式は、もっと低価格で挙げることができるということになります。

結婚式の費用は、二人が負担しなければならないのでしょうか?

結婚式の費用は、二人だけで負担しなければならないわけではありませんので、ご心配なさらないでください。
結婚式にゲストをお招きする場合は、ゲストからご祝儀をいただきますので、このご祝儀も費用として見込みましょう。
親戚関係や二人との関係によって金額の差はありますが、ゲストお一人につき、3万円を見込んで計算してみると多く見積もり過ぎないのでおすすめです。
また、両家の親が援助してくれる場合もよくあるようです。
その場合の両家の親の負担の割合は、同じ金額、またはゲストの数や衣装の費用に応じて、どちらかが多めに出すことが多いようです。
これらの金額を差し引いて、実際に二人が負担するのは50万~150万円になるそうです。

結婚式会場では、見積もりを取りましょう。

結婚式会場に下見に行ったら、結婚式に掛かる費用の見積もりを取りましょう。
他の式場との比較検討の資料になりますし、予算の計算にも役に立ちます。
式場側からすると、結婚式を挙げる二人によって内容が異なるので、もっともベーシックな内容の見積もりしか出せないそうです。
そのため、最終的な見積もりは、最初にもらったものよりも、費用が大幅にオーバーすることも。
このようなことをできるだけ避けるために、見積もりをもらう時は、二人の希望をできるだけ伝えるようにしましょう。