結婚式を挙げる新郎新婦に、メッセージカードを贈りたい!メッセージを書く上での、マナーご紹介します。

幸せに包まれた新郎新婦には、結婚をお祝いする気持ちをしたためたカードを贈りたいものです。

メッセージを書く上での、マナーをまとめてみました。

結婚をお祝いするメッセージには避けるべき言葉をご紹介します。

20160922_2

心を込めて書いたつもりのメッセージでも、離婚や再婚を連想させる言葉が入っていると、残念ながら相手に不快感を与えかねません。

そうならない為にも、結婚のお祝いメッセージには避けるべき、NGワードを知っておきましょう。

不吉な意味の語を連想させる「忌み言葉」、同じ言葉や同じ意味の言葉を重ねて用いる「重ね言葉」は、離婚などの別離、再婚、不幸や死をイメージさせるので使用を避けます。

ここでは、結婚のお祝いメッセージでは避けるべき、NGワードをご紹介いたします。

・別離に関する言葉:別れる、離れる、切れる、帰る、終わる、敗れる、割れる、去る、飽きる、捨てる、冷める、壊れる、消える、嫌う、薄い、浅い、裂ける・・・など

・再婚に関する言葉:戻る、繰り返す、再び、再度、二度・・・など。また、同じことを繰り返す重ね言葉(度々、くれぐれ、またまた、いろいろ、しばしば、)もNGワードです。

・不幸に関する言葉:痛い、病む、倒れる、流れる、4、悲しむ、忙しい、塩、短い、梨、猿(去ると同じ音)・・・など

NGワードを、無難な言葉で言い換えできる?

20160922_3

伝えたいことが、どうしてもNGワードを使わなければならないときは、無難な言葉に言い換えてみてはいかがでしょう。

例えば、「いろいろな思い出でいっぱいです」と書きたい場合は、「いろいろ」がNGワードですので、これを「多くの思い出でいっぱいです」と言い換えれば大丈夫です。

ここでは、NGワードの書き換え例をご紹介いたします。

別離や不幸を連想させる言葉
×「別れる」「離れる」→ ○「独立する」
×「切れる」→ ○「新たな道を進む」「ケガをする」
×「壊れる」→ ○「変わる」「形が変わる」
×「終わる」→ ○「ゴールを迎える」
×「薄い」→ ○「暑くない」
×「浅い」→ ○「深くない」
×「嫌い」→ ○「好きではない」

再婚を連想させる言葉、重ね言葉
×「また」→ ○「さらに」「改めて」
×「度々」「しばしば」→ ○「よく」
×「くれぐれ」→ ○「十分に」「よく」
×「いろいろ」→ ○「多くの」「多彩な」
×「再び」→ ○「今一度」
×「戻る」→ ○「赴く」

メッセージを書くときは、ここにもご注意を。

20160922_1

結婚をお祝いするメッセージカードには、筆ペンか、万年筆で書きましょう。

でも、もしお持ちでなければ、黒か青のボールペンでも大丈夫です。

また、書くときは、句読点は「終わり」を意味しますので、下記の例文のように、句読点を使わずに書きましょう。

ご結婚おめでとうございます
心からお祝い申し上げます

お祝いの気持ちが伝わるメッセージが書けたらいいですね。

こちらの記事では、すぐにご使用いただける、結婚のお祝いのメッセージをご紹介いたします。