結納しない場合はどうする?結納をしない場合について、その理由と、結納代わりに開かれるお食事会についてまとめてみました。

結納は、結婚するまでのプロセスであり、結婚する二人だけではなくその家族も、二人の結婚への意識を高めることができる儀式です。
結婚することが決まったら、結婚式の数か月前には結納をするのが古くからの習わしでしたが、現在では、実際に結納を行うカップルは、全体の30%前後と言われています。
その一方で、結納の代わりに家族同士で顔合わせのお食事会を開くカップルは、全体の70%ほどになっています。
結納をしない理由とは何なのでしょうか。
また、結納代わりのお食事会を開くにあたって、気を付けるべきポイントとは何なのでしょうか。
結納をしない場合について、ご紹介いたします。

結納をしない理由とは?


結納は、結婚する二人だけではなく、その婚姻関係で結ばれることになる家同士の新たなつながりも重視される儀式です。
古くはその儀式のために、意味のある結納品が納められていましたが、それが段々と形式化され、現代では納められる結納品は後に役に立つものがほとんどなくなってしまいました。
それだけではなく、結納にはそれなりの費用がかかることも、結納はしないことを選ぶ大きな理由になっているようです。
また現代では、家同士の結婚という意識が薄れ、「嫁に来る」「他家に嫁ぐ」のではなく、あくまでも本人同士のみの結婚であることを意識するカップルが増えたことも、結納はしない理由になっているようです。

結納をするか、しないかで意見が分かれた時は、どうすればよいのでしょうか?


結納をしないことを選択するカップルが増えたとはいえ、地域や、家によっては、結納をすることが伝統となっている場合があります。
その場合は、その伝統を尊重した方が、後までしこりを残さないでしょう。
結婚する二人、または両家で結納をするかどうかで意見が分かれた時は、結納は一生に一度のことですから、結納に思い入れがある方の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。特に費用面で揉めると後にしこりとなることがあるので、お互いに折り合いを付けることができるよう、二人が両家の間に入りながら、うまく調整しましょう。

結納をしないなら、顔合わせのお食事会を開きましょう。

結納をしない場合は、両家の家族を紹介し合える顔合わせのお食事会を開いてはいかがでしょうか。
場所は個室のある料亭はレストランがおすすめです。
お食事会を開く時期は、結納と同じく毛混式の3~6か月前で、お日柄も、大安などの吉日を選びましょう。
特に決まりはありませんが、お食事会の進行は、男性側の父親に進行を任せ、結婚する二人はこの日に婚約指輪とそのお返しの記念品(腕時計など)を交換すると良いでしょう。

結納を行わない場合は、結婚が家と家との結びつきであるという意識が薄れ、それと同時に堅苦しいことは避けたいという気持ちもあるようです。
いずれにいたしましても、二人と両家が納得できる運びになればいいですね。