結納品はどう処分する?お役目を終えた結納品の処分方法、リサイクル方法をご紹介いたします。

結納時にいただいた結納品は、結婚式まではどのように取り扱えばよいのでしょうか。
また、結婚式が終わってそのお役目を終えた後は、そのまま保管しておいた方がよいのでしょうか。
それとも、処分しても大丈夫なのでしょうか。処分するのなら、その方法は?
結納品のその後の取り扱いについて、ご紹介いたします。

いただいた結納品は、いつまで飾ればよいのでしょうか。


結納品は、結納の日から結婚式まで、床の間に飾っておきましょう。結婚のお祝いに訪ねてこられた方に披露します。
床の間に飾る掛け軸は、「鶴亀松竹梅」などの縁起の良いものを飾ります。
家に床の間が無い場合は、結納品を置くための黒塗りまたは白木の板を置いたり、サイドテーブルを置くなどして、結納品を置く場所を作るとよいでしょう。
結納から結婚式まで間があく場合は、結納から2、3日飾ったあと一度片付け、結婚式の招待状を出す頃または結婚式の1週間前までには再び飾ります。
結婚式に出席できない方から早めにご祝儀をいただいた場合は、そのご祝儀袋も一緒に飾っておきましょう。

結婚式が終わったら、結納品はどう処分すればよいのでしょう。


結婚式が終わったら、結納品は箱に詰めて保管し、毎年お正月に飾ったり、銀婚式、金婚式に飾ってもよいでしょう。
また、仲が良い夫婦の結納品は縁起が良いとされ、これから結婚するカップルの結納でリサイクルされることがあります。このように結納品をリサイクルすることをお福分けといいますが、特にこのような習慣がある地域では、兄弟姉妹のためにしばらく保管しておくのもよいでしょう。
ですが保管場所などの事情により、保管しないことにした場合は、次のように処分するのがおすすめです。

・目録
結納品の明細を書いた目録は、保管に場所を取りませんので記念に保管してはいかがでしょうか。
銀婚式、金婚式に飾ることができます。

・食品、お酒
お酒は結納当日の、お食事のお席でいただいてしまいましょう。
お酒が入っていた樽のみをとっておき、結婚式まで他の結納品とともに飾っておきます。
昆布、するめ、かつお節は保存がきくものですが、こちらも早めに使用しましょう。
水引飾りはとっておき、結婚式までは飾っておきます。

・白扇子
末廣(すえひろ)の白扇子は、慶事の挨拶に使用することができますので、とっておいてもよいでしょう。

・麻の糸
友白髪(ともしらが)の麻の糸の束は、家を新築または増改築する時に、お札を柱に縛るために使用することができますので、とっておいてもよいかもしれません。

・高砂人形
長く飾れる縁起物ですので、とっておきましょう。

・敷物、結納箱、風呂敷、塗りお盆
これらのものは再利用が可能ですので、とっておいても良いでしょう。

・水引飾り
結婚式後、水引飾りは羽子板、リース、ブーケ、額かざりなどのインテリアアイテム、かんざしなどのアクセサリーにリメイクすることができます。

その他の飾りや袋の他、上記のもので取っておかないことに決めたものは、神社やお寺で処分してもらうのが良いでしょう。
処分してもらう時は、それぞれの神社やお寺で事前にご相談なさってくださいね。