結納金の相場はどのくらい?またお返しの金額は?結納金にまつわるお役立ち情報をお届けいたします。

結納を行うことになったら、真っ先に考えるのは結納金のことではないでしょうか。
結納金は、男性側から女性側に贈られる(婿取りの場合は、女性側から性側に贈られます)もので、昔は嫁ぐための支度金としての意味合いがありました。
このため、今も女性側の家に贈られる印象が強いようです。
最近では、ふたりの結婚のための準備金として考えることもあるようですが、使い道については、まずは女性側の両親に委ねた方がよいでしょう。

また結納金というと、大金というイメージもあるのではないでしょうか。
新しい結婚生活を控えた二人にとっては、家具や電化製品を揃えたりと支出が多いため、結納金は男性側の両親が援助してくれることもあるようです。

気になる結納金の相場やお返しを中心に、結納金にまつわるお役立ち情報をご紹介いたします。

結納金の相場はどのくらいなのでしょうか?


結納金の金額については「西高東低」と言われていますが、全国平均で100万円前後だそうです。
実際に贈られる金額は、100万円や200万円などのキリがいい金額か、50万円、70万円などの奇数、また末広がりを表す80万円がおすすめです。
ちなみに、お婿さんをお迎えする場合に、女性側から男性側に支払われる結納金の相場は、お嫁さんをお迎えする場合の2倍とされています。

結納金の他にも持参すべきお金があるのでしょうか?


また結納の際に贈られるお金については、結納金の他に、酒料、肴料もありますのでご注意ください。
これらの酒料、肴料とは、昔は結納のお祝いのお席で飲食するお酒と肴(鯛など)を男性側が持参していたのですが、今ではこれがお金に置きかわったものです。
結納金があるからといって、これらのお金を持参しないのは先方に対して失礼になりますので、省略せずに持参しましょう。
酒料、肴料の合計の相場は、正式には結納金の1割とされていますが、合わせて3~8万円が多いようです。

結納金のお返しの金額はどのくらいでしょうか?

結納金をいただいたら、基本的にその半額をお返ししましょう。これを半返しといいます。
少数派なのですが、地域によっては倍返しのところもあるそうですので、まずはご両親に相談してみると良いかもしれません。

結納金のやり取りは、贈る方も、受け取る方も、気持ちよく行えたらいいですね。