贈られて嬉しい、人気の出産祝いとは?おすすめの出産祝いと、贈るタイミングをご紹介いたします。

親しい方や、職場の方、親戚などにお子さんが生まれたとなると、心からお祝いの気持ちを表したいものです。
でも、どのようなものを贈れば、相手に喜んでいただけるのでしょうか。
贈って喜ばれる出産祝いとは、使えるものや、自分では買わないようなちょっといいもの、となるでしょう。
具体的に、どのようなものを出産祝いに贈れば喜ばれるのか、贈るタイミングをご紹介いたします。

贈ると相手に喜ばれる出産祝いとは?

赤ちゃんを育ててゆくとなると何かとお金がかかるものですから、やはり贈ると最も喜ばれるのは現金や商品券だそうです。
商品券を送る場合は、様々な用途で使えるJCBカードや、日本百貨店協会の全国百貨店共通商品券などを贈りましょう。

現金や商品券の次に人気なのは、ベビー服です。
ベビー服は、新生児期のものは予め両親が用意している場合が多いですので、半年後に着てもらえる80サイズのものを贈るのがおすすめです。

また、一日に何度も取り換えることが多いスタイ(よだれかけ)も贈ると喜ばれるものです。
成長に合わせて首回りのサイズを調整できるものや、肌触りが良く、デザインも良いものがおすすめです。

おむつとプレゼントを組み合わせてケーキ状にした、おむつケーキも人気の贈り物です。
使い捨てのおむつは、いくつあってもいいものです。

その他、おもちゃ、絵本、離乳食用の食器セットなども喜ばれるようですよ。

出産祝いで、もらって困るものは贈るのを避けましょう。

出産祝いで贈り物を選ぶ時には、逆にもらうと困ってしまうものも知っておくと、贈り物を選ぶときに役に立つことでしょう。

出産祝いでもらって困るものとしては、高価すぎるものが挙げられます。
出産祝いを贈ると、相手はお返しのことを考えなければなりません。ただでさえ赤ちゃんにお金がかかるときに、お返しにも高額がかかってしまうと困ってしまうものですので、あまりにも高価なものは贈らないようにしましょう。

また、ベビーベッドや大型の遊具も、相手の住宅事情によっては置き場に困ることがありますので、どうしても贈りたい場合は、事前に相談されると良いでしょう。

ベビー服を贈る場合で、大き目のものを贈る場合は、季節にも注意しましょう。
例えば、80cmのベビー服を贈る場合は、約半年後に着ることになります。サイズは良くても、冬に夏服を着ることはできませんので、その頃の季節に合わせたものを贈るようにしましょう。
また、ベビー服を贈る場合は、ママの趣味に合わないものは、手持ちの他の服にも合わないことになりますので、着用してもらえない場合もあるようです。ですので予め相手の好みを把握しておくこともおすすめします。

人気のおむつケーキを贈る場合は、おむつのサイズに注意をしましょう。実際にサイズが合わず、使えなかった例もあるようです。

出産祝いは、いつ贈るとよいのでしょうか?

出産後、1週間から1か月後までの期間に贈られるとよいでしょう。
直接伺ってお渡ししてもいいですし、配送しても失礼に当たりません。

直接伺ってお渡しする場合は、出産後10日間まではまだ入院されていることがありますので、よほど相手から病院まで来ても良いと言われない限りは、退院してからお伺いするようにしましょう。

また配送する場合は、お届け先やお届け日時など、相手に配慮するようにすると良いかもしれません。

もらって嬉しい、贈る方も嬉しい、出産祝いを贈れるといいですね。