30代女性の、結婚式の服装選びに欠かせないマナーとは。

30代になると、20代で着ていたドレスが似合わなくなったように感じるものではないでしょうか。

新たにドレスを買い足す方向けに、30代女性の結婚式の服装マナーをご紹介いたします。

結婚式でNGな服装、OKな服装とは?

blog20161018_03

白または、白に近いお色のドレスは避けましょう。新婦のドレスとかぶってしまいますし、白っぽいお色は写真に写ったときに、白に見えかねないのがその理由です。

お色については、バイカラー(2色使い)のドレスも、「別れ」をイメージさせるとのことですので避けましょう。

また、スカート丈が短すぎるドレスや、露出が多いドレス、ファーが付いているドレスもNGとなります。

結婚式でドレスをご着用の場合は、単色無地で、光沢などの、華やかさのある生地のドレスがおすすめです。

お袖付きのものか、ノースリーブのものでしたら、ボレロを合わせて着用しましょう。

足元はベージュのストッキングに、ヒール付きのパンプスを着用します。

30代女性のドレス選びのポイントは?人気のドレスのお色は?

blog20161018_11

20代の頃とは違い、30代にもなると、社会的な立ち位置や、体型の変化から、結婚式のドレスには、可愛らしいだけではなく、上品さやきちんと感も求められるようになります。

ですので、30代女性が結婚式用のドレスを選ばれる際は、大人の女性らしい、露出の少ない、上品なドレスがおすすめです。

1番人気のお色は、黒。

アクセサリーやバッグ、シューズを変えるだけで、印象を変えて着まわしていただけるので、お呼ばれが多い30代には重宝するようです。

ですが、全身黒だと重たい印象になるばかりか、ともすると喪をイメージさせてしまいかねないので、小物は明るいお色を合わせましょう。

また、人気のお色だけに結婚式のゲストが黒ばかり、ということもあるようです。

ドレスを買い足しするなら、ブルー、グリーン、ピンクなどの別のお色のドレスを選ばれるとよいでしょう。

結婚式での、おすすめコーディネート

blog20161018_14

大人の女性らしい、上品なドレスを選んでも、少し可愛らしさが足りないと感じたら、バッグなどの小物を可愛らしいものにすると、大人キュートさがプラスされます。

その際、小物全体のカラーや素材などのトーンを揃えていただくと、統一感が出て、より上品に魅せることができます。

また、結婚式への出席回数が増える30代では、お洒落にドレスを着回したいものなのではないでしょうか。

シンプルで上品なドレスは、ボレロやアクセサリーで、かなり印象を変えてご着用いただけます。

上手に組み合わせて、お洒落を楽しみましょう。