結婚式を欠席。お祝いに現金を贈る場合の金額はどのくらい?渡す時期は?

結婚式にやむを得ず欠席する場合は、お祝いとして現金や品物を贈るとよいでしょう。
ですが、品物を渡す場合、他の方からの贈り物とかぶってしまったり、選んだものが相手の好みに合わないことがあるかもしれません。
結婚式のお祝いを考えた時、そのようなデメリットがなく喜ばれるのは現金でしょう。
結婚する二人は結婚式の他にも、新生活の準備等で色々と入用なものですし、現金でしたら、二人の自由に使うことができるからです。
ここでは結婚式を欠席する場合や、結婚式に呼ばれていなくても、お祝いに現金を贈る場合の金額や、贈る時期についてご紹介いたします。

結婚式に欠席する場合のお祝いの金額


結婚式の招待状をいただいて欠席する場合のお祝い金の相場は、結婚式で渡すご祝儀の1/2~1/3の金額とされています。
一般的なご祝儀の金額の相場は3万円ですので、お祝い金の金額は1万円~1万5千円となりますが、結婚式ではキリが良い数字が好まれますので、お祝い金は1万円が実際の相場のようです。
ですが、欠席を伝える時期によってお祝い金の金額は変わってきますのでご注意ください。
挙式の1か月前までに欠席を伝えた場合のお祝い金は1万円で大丈夫なのですが、それよりも後になってしまうと結婚式でのお料理などのキャンセルが効かなくなってしまいますので、本来ご祝儀として持参するはずだった金額をお渡ししましょう。
また、ご自分の結婚式の時にご祝儀をいただいている場合は、結婚式には出席しなくても同額(3万円をいただいた場合は3万円)をお渡しすると、後々角が立たずにすみます。

結婚のお祝い金を渡す時期は?


結婚式にお招きいただいたのに欠席する場合は、結婚式の当日よりも1か月前、おそくとも1週間前までにはお渡しするようにしましょう。
結婚式にお招きいただいてない場合で、結婚のお祝い金をお渡しする場合は、結婚式後にお渡ししましょう。
結婚式前にお祝い金をいただいてしまうと、結婚式にお呼びしていないことを新郎新婦が気遣ってしまうことがあるからです。
ですが、渡すのがあまり遅くなりすぎないようにご注意ください。

結婚のお祝い金の渡し方は?


お祝い金の渡し方については、郵送がおすすめです。結婚式の前の新郎新婦は、結婚式の準備で休日もなく忙しくしているものですから、そんな時に時間を作ってもらうのは避けた方が良いでしょう。
お祝い金は現金ですので、郵便局から現金書留で送りましょう。
現金書留用の封筒には、通常サイズのものと、大き目のものとの2種類あります。
封筒には、現金を入れたのし袋と、お祝いのメッセージを書いた手紙を入れましょう。
のし袋が豪華なものは、通常サイズの現金書留用の封筒ですと小さいかもしれませんので、書留用封筒のご購入時にはサイズをご確認ください。

お祝いの気持ちが伝わればいいですね。