出産祝いの金額の相場はどのくらいなのでしょうか?赤ちゃんが双子の場合、2人目以降の場合の出産お祝いの金額の相場もご紹介いたします。

出産された方に、出産のお祝いを渡したいとき、どのくらいの金額のものをお贈りすればよいのでしょうか。
通常、出産のお祝いを受け取った方は、いただいた金額の1/2から1/3程度を内祝いとして返すことになります。
この内祝いを考えた時、あまりに高価なものを渡してしまうと、何かと入用な時に相手に負担をかけさせることになってしまいますし、逆にあまりに金額が低いものだと、お祝いしていないようにもとられかねません。
ここでは、相手との関係性別の出産祝いの金額の相場と、生まれた赤ちゃんが双子の場合、また2人目以降の赤ちゃんへの出産祝いの金額の相場をご紹介いたします。

出産祝いの金額の相場は、相手との関係性で変わります。


出産祝いの金額をどのくらいにするかは、出産された方と自分との関係性で決まります。
・親
生まれた赤ちゃんの、祖父、祖母は、1万円以上が相場です。現金よりも、ベビーベッドやお宮参り用の着物などを贈ることがあります。
・兄弟姉妹
自分の兄弟姉妹に赤ちゃんが生まれたら、1万円~3万円のお祝いを渡すことが多いようです。
・その他の親戚
親戚付き合いや年齢によりますが、3千円~1万円が相場のようです。
・職場関係および友人
個人で渡す場合は、3千円~5千円が相場のようです。
もし、高価なものを渡したい場合は、数人で1人千円程度のお金を出し合って購入するのがおすすめです。贈られた相手も気を遣わなくて良いでしょう。

生まれた赤ちゃんが双子の場合のお祝いの相場はどうなるのでしょうか?


ちなみに、生まれた赤ちゃんが双子の場合は、上記の相場の1.5倍から2倍の金額が相場になりますが、相手がお返しをすることを考えると、通常の1.5倍の金額に抑えておいた方が良いかもしれません。また、地域によっては双子でも、出産お祝いの金額は1人の出産の場合と同じとするところもありますので、地域的な習慣も調べておいた方が良いでしょう。

2人目以降の出産で、お祝いを贈る場合の相場はどのくらいでしょうか?


2人目以降の赤ちゃんの出産お祝いの相場は、1人目の時と同じ金額とされています。
兄弟姉妹で差をつけるのは、失礼だからですね。
ですが、お祝いを贈りたい相手とは親しい間柄で、お祝いは1人目までなどと決めている場合は、その取り決めに従いましょう。

では、出産のお祝いには何を贈ると喜ばれるのでしょうか?
出産のお祝いで喜ばれるものにつきましては、後日ご紹介いたします。
(記事を公開いたしましたら、こちらのページにリンクをお付けいたします。)