クラシカルで気品のある、黒のパーティードレス

結婚式でドレス選びに迷ったら、黒のパーティードレスがおすすめです。

黒は、着る人を選ばないお色ですので、どんな人も素敵に着こなしていただけるでしょう。

本日は、結婚式にもご着用いただける、黒のパーティードレスをご紹介いたします。

気品を漂わせる、パーティードレスの秘密

20161025_3

こちらのパーティードレスは、優しい光沢と、高級感を与えるハリ感を持つ、上質なシルクでお作りした一着です。

さらに、そのシルクの良さを引き出すように、一着ずつ、丁寧な縫製を施してお作りいたしました。

ネックラインは、形が崩れないようにシルク生地を二枚重ねでお作りしております。

またお袖も、二の腕がすっきりと見えるように、生地のハリ感を生かして縫製を施しました。

スカートは、お祝いのお席にふさわしく、ウエストラインにタックを寄せてふんわり感をプラス。

華やかな印象を与えるだけではなく、ヒップをカバーしてスタイル良く見せてくれます。

スカート丈は、膝丈ないしは、膝をカバーする長さにお作りしました。

膝丈ですと、よりフレッシュな印象に、膝が隠れる長さですと、いっそう上品にご着用いただけます。

上質な生地ときめ細かい丁寧な縫製が、ドレスに気品を与えているのです。

黒のパーティードレスの注意点

blog20161018_19

パーティードレスを着用するオケージョンというのは、結婚式やパーティーなどの、お祝いのお席ではないでしょうか。

黒のドレスは、着る人を選びませんし、お洒落な印象を与えることができますので、リトルブラックドレスをお選びになる方も多いことでしょう。

ですが、黒といえば喪の印象もあるお色です。

デザインは気に入っていても、不祝儀に見えてしまうドレスでは、他のご出席の方々に不快な思いをさせてしまうでしょう。

では不祝儀に見えないドレスを選ぶには、どうすればよいのでしょうか。

それは、生地自体に華やかさがあるものを選ぶことです。

上質なシルクでお作りした黒のドレスは、お色にもかかわらず不祝儀に見えることが一切ありません。

それは、シルク特有の優しい、天然の光沢が華やかな印象を放っているからです。

見た目も、誰の目にもすぐわかる上質感がありますので、きちんとした格好が欠かせない、フォーマルなお祝いの場にふさわしいドレスなのです。

黒のパーティードレスのコーディネート

rd_101_bk_pls2_30

黒のパーティードレスをお選びになったら、全身黒にならないように、華やかさをプラスするカラーを小物に合わせましょう。

ドレス以外の、アクセサリー、バッグ、シューズの配色は、2つのアイテムをベージュなどの黒以外のお色に、残りの1アイテムを他の色のものか黒にすると、うまくまとまります。

ドレス以外のアイテム数が4つの場合は、2:2か3:1にすると良いですよ。

上のお写真では、ネックレスとバッグをホワイト系のものに、ベルトとシューズをゴールド系のものでまとめていただきました。

華やかさが一段とアップしますね。

ドレスに合わせていただくもので、印象も随分変わるのがこちらのドレスの特徴です。

一度きりのご着用ではなく、合わせていただくものを変えていただくことで、着まわしていただけるドレスなのです。

上質感のあるドレスですから、お年を召されてもご着用いただける、優れたドレスです。

本日ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。