結婚式で柄の付いたワンピースを着ても大丈夫?ワンピース選びのマナーをご紹介いたします。

結婚式の参列に着ようと思っていたワンピースに、柄が付いていたら?

柄が付いたワンピースでも、結婚式に着用できるものもあります。

まずは、お持ちのワンピースを結婚式で着用できるかどうか、ご確認なさってみてくださいね。

結婚式で着用すべき服装とは?

rdop_180_nv_pls3_12

シルクのデイジードレス

結婚式には、フォーマルな服装で出席するのがマナーです。

では、結婚式ではどのような服装がフォーマルに見えるのでしょうか。

ワンピースをご着用の場合は、きちんと感があり、上品に見えるものです。

具体的には、単色無地のもので、露出が少なく(肩を出さず、膝上5cmよりもスカートが短いものはNG)、適度な華やかさがあり、できれば上質感が伝わるワンピースです。

もちろん、フォーマルに見えるかどうかは、ゲストお一人、お一人で異なるものです。

ですが、マナーに詳しいご年配のゲストが、マナーにそぐわない服装を見ると、不快な気持ちになるでしょう。

フォーマルな服装が必要な結婚式では、どなたの目にも心地よく映る服装をするために、一般的に言われているマナーに合わせて、かつ洒落も楽しむことができる服装を選ぶのがコツです。

柄のワンピースを結婚式に着ても大丈夫でしょうか?

blog20161102_03

結婚式で着用がNGとされている柄のワンピースとは、プリント柄のものになります。

プリント柄の生地は、無地の布に柄をプリントしたものです。

織りによって作られた柄とは異なり、手間とコストを省いた簡素な作りですので、が強い、普段着用の生地となります。

でも確かに、綺麗なフラワープリントが施されているワンピースなどは、お祝いのお席にぴったりの華やかさがありますよね。

ですが、フォーマルに見えない服とされているので、結婚式での着用は避けるようにしましょう。

プリント柄でなければ、柄が付いているワンピースを結婚式に着ても大丈夫でしょうか?

blog20161102_07

一方、織りで作られた柄のあるワンピースは、フォーマル感がありますので、結婚式でもご着用いただくことができます。

ですが、結婚式の服装の基本は「単色無地」のものですので、柄も、ワンピースの地のお色と同じか、ほぼ同色のものを選ぶようにしましょう。

生地の地の色と異なる色の柄が織られていたり、柄が多色使いのものや、カジュアル感のある柄のものは避けておいた方が無難です。

また、レースや刺繍の付いたワンピースも結婚式でご着用いただくことができます。

ですがその場合も、レースや刺繍の色が、ワンピースの生地の地の色と同じものを選ぶようにしてしましょう。

上記のような、上品な印象の柄のワンピースは、単色無地のドレスよりも華やかさが一層アップします。

ぜひ、賢くお洒落をお楽しみくださいね。