婚約指輪をもらったら、お返しはする?しない?お返しする場合は何を贈る?

婚約指輪で最も多く贈られるのは、ダイヤモンドが付いた指輪で、その金額は平均約33万円です。
もらったままでお返しをしないのは、心苦しく感じる女性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも婚約指輪をもらったら、お返しはするのでしょうか。
また、お返しをする場合は、どのくらいの金額のものを用意すると良いのでしょうか。
婚約指輪のお返しについてまとめてみました。

婚約指輪をもらったら、お返しは必要?それともお返しはしなくても大丈夫?


彼から婚約指輪をもらったら、一般的に、そのお返しをするというマナーがあります。
もちろん、必ずお返しをしなければならないというわけでもないのですが、素敵な指輪のお礼をしたいと思う女性は多いのではないでしょうか。

婚約指輪のお返しをするなら、いつまでに用意するべき?

婚約指輪のお返しをするなら、ある時期までには用意した方が良いようです。
そのある時期とは、結納をするかしないかで異なってきます。
まず、結納をする場合は、結納の日までにお返しを用意しましょう。
結納までに婚約指輪は着用している場合は、結納時に婚約指輪を箱に入れて持参し、その結納のお席で改めてはめてもらい、お返しを渡すようにすると良いでしょう。
また近年、結納を行わないカップルも多数いらっしゃるかと思います。
その場合は、結婚式までに渡すようにしましょう。

婚約指輪のお返しに掛ける金額はどのくらい?


婚約指輪のお返しには、婚約指輪の価格の半額を返すようにしましょう。
これを「半返し」とも言います。
婚約指輪の金額が約33万円ですので、お返しの平均的な価格は16~17万円ほどになるでしょうか。

婚約指輪のお返しは、何を贈る?

婚約指輪のお返しに、よく贈られるものをご紹介いたします。

・腕時計
・財布
・スーツや礼服
・ネクタイピン
・筆記具
・趣味のもの
・新生活で二人で使えるもの(電化製品など)
・現金

彼の好みが良くわかっていたり、彼が欲しいと思っているものを知っている場合は、女性が一人で購入しても大丈夫でしょうが、そうでない場合は、二人で購入しに行くと良いでしょう。
ちなみに、現金で用意する場合は、品物でお返しするよりも10万円ほどお高くなるようです。

二人の記念になるものをお返しできたらいいですね。