結婚式に子供もお呼ばれされたら?子供のドレスのマナーをご紹介いたします。

子供がまだ幼稚園にも上がらない時に、子供も一緒に結婚式に招待されることがあるかもしれません。

お子さんが小さい時は、ちょうど、兄弟姉妹、いとこも含めて、周りも結婚ラッシュを迎えているころですので、子連れの結婚式の参列は、珍しいことではありません。

子供が制服のある年代なら、制服を着せればフォーマルな服装は完成しますが、まだ制服のない年代ならどのような服装が良いのでしょう。

結婚式に参列する際の、子供のドレスのマナーについてご紹介いたします。

子供は白のドレスでも着用できる?

20161104_2

気になる子供の服装マナーですが、3歳くらいまでは特に服装マナーが無いようです。

とはいえ結婚式は、きちんと感のある服装が求められる場ですので、フォーマルな服装で出席しましょう。

女の子でしたらスーツまたはワンピースドレスに、白の靴下かタイツ、黒や茶の革靴を合わせるのがおすすめです。

また、子供のスーツやドレスの色は、マナーが特に無いということから、白でも大丈夫という方もいらっしゃるのですが、中にはやはり「白は花嫁さんの色」とお考えの方もいらっしゃいます。

新婦や他のゲストの方々にも配慮して、できれば白のドレスは避けた方がよいかもしれません。

どうしても白を着せたいという場合は、事前に花嫁さんに確認すると後に問題にならないでしょう。

その場合、あくまでも主役は花嫁さんであることを念頭に置いて、「何色を着せたらよいでしょうか」とか、「着せてはダメな色はりますか」という聞き方をしましょう。

結婚式で、白のドレスの着用を求められることがあります。

20161104

女の子が結婚式に出席する時に、白のドレスを着用するように花嫁さんからお願いされることがあります。

それは、その女の子がフラワーガールを任せられた場合です。

フラワーガールとは、花嫁さんがバージンロードを歩くときに、その前を歩いてバージンロードに花をまき、道を清める役割をする女の子のことです。

元々欧米の習慣なのですが、日本でもよく見られるようになりました。

親戚や友人のお子さんから選ばれることが多いようです。

このフラワーガールは白のドレスを着用することがよくあるのですが、中には別の色を希望する花嫁さんもいらっしゃるようです。

ですので、フラワーガールを任されたからといってドレスの色は白と決めてしまわず、まずは花嫁さんにドレスの色を確認してくださいね。

結婚式の、子供のドレスの人気の色は?

blog_02

では、子供のドレスは何色を選べばよいのでしょうか。

花嫁さんからお願いされたお色が無ければ、白や、派手な原色のお色を除いて、あとはお子さんが好きなお色を選んであげると良いでしょう。

ピンクなどの明るいお色は、会場にも華を添えることができますので、花嫁さんにも喜ばれるでしょう。

また、子供のフォーマルは制服という考えから、ネイビーや黒の、きちんと感のあるワンピースも人気のようです。

ダークなお色の服を選ばれる場合は、喪を意識させないように、華やかさのある生地のものを選んだり、明るいお色の小物を合わせることでバランスを取りましょう。

子供のドレス姿は可愛いものですので、可能な限り花嫁さんとお子さんの意向を取り入れた、ドレス選びがいいですね。