結婚式でワンピースを着ることになったら。親族の女性のワンピース選びのマナーをご紹介いたします。

親族として結婚式に出席する場合は、他のゲストとは異なり、お迎えする立場になります。

そのため、服装にはさらなるフォーマル感が必要になってくるのですね。

ですので、親族の女性の中には、新郎新婦の母親でなくても、黒留袖や色留袖などの和装でご出席される場合もあることでしょう。

でも、子供がまだ小さかったり、体調が悪かったり、当日はゲストをお迎えするために奔走しなければならない場合等々、結婚式の服装にワンピースをお選びになられる場合もあります。

ゲストをお迎えする側に立つものとして、マナーに沿ったワンピース選びのマナーをご紹介いたします。

ちなみに、新郎新婦の母親の服装につきましては、この記事下のリンク先で紹介しております。

親族の服装選びにおいて大切なのは?

blog20161018_03

結婚式での服装には、正礼装、準礼装といった「格」があります。

最も格が高い服装が正礼装で、女性では和装なら黒留袖(既婚者)、色留袖(未婚者)、振袖(未婚者)、洋装ならアフタヌーンドレス(昼間の結婚式)、イブニングドレス(夕方~夜の結婚式)があります。

この正礼装を簡略したものが準礼装で、ドレス、カクテルドレス、フォーマルワンピースなどがあります。

新郎新婦、両親よりも格上の服装は避けた方がよい場合や、家ごとのしきたり、そして服装に対する考え方があることがあります。

特に結婚式での服装は、写真やビデオに収まりますので、両家の服装の格を合わせたいと考える新郎夫婦とご両親もいらっしゃることでしょう。

ですので、正礼装にするか準礼装にするか、または和装にするか、ドレスにするかは、前もって結婚するご本人や両親に確認しましょう。

あらかじめどのような服装で出席するかを結婚する二人と両親に伝えておくと、後で問題にならずに済むかと思います。

大切なのは、結婚式を挙げる二人を心から祝福する気持ちと、思いやりです。

服装選びも、結婚する二人とご両親のことを考えて選ぶことができたらいいですね。

新郎新婦の姉妹、いとこのワンピース選び

rd_210_nv_pls53_18

花嫁のカラーである白と、花嫁がお色直しに着用するカラードレスの色は避けるようにしましょう。

そのために、事前に花嫁のドレスの色を確認しておくことが大切です。

学生の場合は、制服、または品のよいお呼ばれワンピースで出席しましょう。

それ以上の年齢でしたら、アフタヌーンドレスまたはフォーマルワンピースで出席されると良いでしょう。

色は、新郎新婦やご両親から指定されることがあるかもしれません。

黒を指定されたら、全身黒にせず、お祝いの雰囲気が出るように明るいお色の小物を合わせたり、優しい光沢が上品なシルクのワンピースを選ばれると良いでしょう。

その他のお色をご着用になる場合は、会場に華を添える役割がありますので、上品なお色を選びましょう。

くれぐれも、新婦と母親よりも控え目に装ってくださいね。

おばのワンピース選び

rdop_180_nv_pls3_12

新郎新婦の母親よりも控え目に装いますので、もし新郎新婦の母親が正装なら、正装または準礼装にあたる服装にします。

とはいえ冠婚葬祭用の礼服でのご出席は、一歩間違うと「喪」をイメージさせてしまいかねませんので、コーディネートを考えない限りは、あまりおすすめではありません。

ワンピースでのご出席をお考えなら、フォーマル感はもとより、お祝いを意識した華やかさのある、上品な一着で出席しましょう。

黒のドレスをお考えなら、シルクなどのキラキラ感を抑えた、優しい光沢のあるものをお選びになってください。

女性らしさも備わっているワンピースだと、言うことはありませんね。

年齢的な立ち位置からも、見た目で上質感がわかる一着がおすすめです。

新郎新婦の母の服装につきましては、こちらでご紹介しております。