結婚式におすすめ!1枚で完成する袖ありドレス

ノースリーブのドレスも可愛いけれど、結婚式に着用するとなると、肩を露出しないように、ボレロやショールを合わせなければなりません。

そうすると、せっかくのドレスが見えなくなってしまいますし、コーディネートもわずらわしいですね。

1枚で上品なスタイルが完成する、袖ありドレスの魅力と、着こなしのポイントをご紹介いたします。

袖ありのパーティードレスの魅力とは?

rd_101_nv_pls15_09

シルクのアフタヌーンドレス・ネイビー

昼間のドレスコードは、肌の露出は極力抑えるのがマナーです。

ですので、特に昼間に行われる結婚式では、肩を出した服装はNGなのですね。

ノースリーブのドレスですと、ボレロやショールを合わせなければならなくなりますが、袖ありのドレスでしたら、ボレロやショールとのコーディネートが不要です。

ショールやボレロが不要な分、服装にかける金額も抑えられます。

しかも、移動やお食事中に、ボレロやショールがずれてしまうのを気にする必要もありません。

また、お袖が付いていると、気になる二の腕を隠してくれたり、結婚式でも肩を出さずに済みますので、フォーマルなお席でのマナーも、楽々カバーできます。

お袖ありのパーティードレスは、その一枚を着用するだけで、きちんと感と統一感のあるスタイルを決めることができるのです。

ダークなお色のドレスの華やかさの演出方法とは?

rdop_180_nv_pls3_12

シルクのデイジードレス・ネイビー

ブラックやネイビー、ブラウンなどの、ダークなお色のノースリーブのドレスには、明るい印象のボレロを合わせて華やかさを演出することができます。

では、ボレロが不要のお袖付きのドレスをご着用になる場合は、ダークなお色のドレスを、どのように華やかに見せることができるのでしょうか。

ポイントは、ドレスの生地に光沢があるものをお選びになることです。

昼間の結婚式では、光沢が強いものは不向きですから、天然の、優しい光沢を放つシルクがおすすめです。

ダークなお色のドレスでも、お祝いの場にふさわしい、控え目ながらも存在感のある、上品な華やかさをまとうことができます。

お袖付きドレスの着こなし方は?

cs_101_italybe_pls20_04

イタリア製シルクシフォンでお作りした二コラドレス

結婚式や二次会、パーティーにお呼ばれされたとき、出席者の顔ぶれが同じことがあると、同じものを着ていると思われたくないものでしょう。

お袖付きドレスでも、デザインがシンプルなものでしたら、合わせていただくアクセサリーやバッグ、靴などで、全体の印象を随分変えてご着用いただくことができますよ。

また、半袖のドレスでしたら、パーティーなどにはジャケットやボレロを合わせていただくのもおすすめです。

ドレスに合わせていただくアクセサリー、バッグ、靴、ボレロなどの羽織物は、お色の配分を考えて合わせると統一感が出ます。

ドレスに合わせていただく小物のお色配分につきましては、こちらをご覧になってみてくださいね。

コーディネートがまとまりやすい上に重宝する、お袖ありのパーティードレスは、一枚お持ちになっておくと便利です。