結婚指輪の相場はどのくらい?結婚指輪を選ぶポイントも合わせてご紹介いたします。

結婚することになった二人は、結婚後に身に付けたい結婚指輪の購入を考えるのではないでしょうか?
日本では、結婚したカップルの約70%が結婚後に結婚指輪を身に付けているそうです。
結婚指輪は一生身に付けるものですので、気に入ったものを選びたいものですよね。そうなると、価格はどのくらいになるのか気になるのではないでしょうか。
こちらの記事では、結婚指輪の相場と、選ぶポイントをご紹介いたします。

結婚指輪の由来は?なぜ指輪を身に付けるようになったのでしょう。

結婚したカップルが指輪を身に付けるようになったのは、今から約1000年前のローマ時代とされています。
結婚した証として、お互いに身に付けていた鉄の指輪を交換したそうです。
この頃の指輪の交換は、永遠の愛を誓うというよりはむしろ、契約の意味が強かったそうです。
その200年後、結婚式は教会で行われるようになり、今から約400年前までには、結婚式で指輪が交換されるようになったと言われています。
日本で結婚指輪が交換されるようになったのは、1960年代に入ってから。
指輪の輪は永遠を表し、指輪をはめる左手の薬指は、信頼と愛情を意味するとか。
結婚指輪は、二人の永遠の愛を誓い合うものなのですね。

気になる結婚指輪の相場は?

結婚する二人が結婚指輪に掛ける金額は、二人分の合計で約20万円のようです。
シンプルなものだと、素材を多く使用する男性の指輪の方がお高いものなのですが、女性の指輪にはダイヤモンドがはめ込まれていたり、デザインが凝っていることもあり、少しお高くなることがよくあるようです。
また結婚指輪の購入は、婚約指輪を男性が購入した場合は、二人でお金を出し合うこともあるようです。

結婚指輪はこう選ぶ?!選ぶポイントをご紹介します。

結婚指輪は日常生活で身に付けるものですから、生活に支障が出ないデザイン、装飾のものがおすすめです。
とはいえ、デザインも気に入ったものでなければ、身に付ける気になれないものです。
結婚指輪を選ぶときは、こちらのポイントを考慮されてはいかがでしょうか。

・サイズ直しが可能かどうか

特に女性は出産後体重が変化することが少なからずあるものですから、サイズ直しができるかどうか購入時に確認しておきましょう。
石がはめ込まれていたり、素材の種類が複数ある場合はサイズ直しが難しいことがあるようです。

・着け心地が良いかどうか

デザインの良さも大切ですが、実際に身に付けた時に違和感がないかどうか、サイズ感は丁度よいかどうかを確かめてから購入しましょう。
インターネットでの購入では試着ができませんので、少なくとも実店舗で試着をしてから決めると良いかもしれません。

・家事にも支障がないかどうか

特に女性は子育てをすることが多いでしょうから、子育てにおいても危険がないかどうか、その他の家事をするにも支障がないかどうか確認しましょう。
とはいえ、シンプルになりすぎると後悔することがあるようです。
デザイン性も妥協しすぎないようにお選びいただくと良いでしょう。

この他にも、購入のタイミングも考慮されると良いでしょう。
結婚指輪のご購入時には、指輪にメッセージを刻印したり、サイズを合わせたりなど予期しない時間を要することがあります。
ですので、ご購入には、十分時間に余裕を持ちましょう。

二人で、お気に入りの、一生ものの結婚指輪が購入できますように!