今更聞けない、ご祝儀袋のマナー。ご祝儀の短冊はどう使う?ご祝儀袋のマイナーマナーをご紹介いたします。

● 今更聞けない、ご祝儀袋のマナー。ご祝儀の短冊はどう使う?ご祝儀袋のマイナーマナーをご紹介いたします。

大切な人の結婚式では、きちんとマナーも守ってお祝いの気持ちを伝えたい、と思われる方も多いのではないでしょうか。

初めて結婚式にご出席なさる方は言うまでもなく、何度も結婚式に出席していらっしゃる方も、今更聞くのも気が引けるような、ご祝儀袋のマイナーマナーはこちらでご確認してみてくださいね。

ご祝儀袋の短冊はどう使う?無地の1枚は予備?

ご祝儀袋を購入した時、短冊が2枚入っているものが多いのではないでしょうか。

実は、無地の1枚はもう一枚の下に重ねて「二重の喜び」を表す為のものだそうです。

ですので、書き損じのための予備の短冊というわけではないのですね。

ですが、地域によっては「2」などの偶数は2つに分かれることから「別れ」を連想させるとして喜ばれないことがありますので、短冊を使用する場合は1枚だけを使用されると良いでしょう。

その場合は、「寿」と書いてあるものをお選びになれば間違いありません。

ご祝儀袋は、ご祝儀の金額に見合ったものを選びましょう。

ご祝儀袋は、ご祝儀の金額に見合ったものがマナーとされています。

金額としては、ご祝儀の100分の1のご祝儀袋をお選びになると良いでしょう。

例えば、ご祝儀を3万円用意される場合は、約300円のご祝儀袋をお選びになると良いということになります。

ご祝儀袋は何で書く?

ご祝儀袋は、上包みの表書きも、中袋も、毛筆または筆ペンで書きましょう。

色は濃い黒を使います。

筆ペンには薄墨のものがありますので、くれぐれもご注意くださいね。

薄墨のインクは、弔事用となりますので、結婚式には不向です。

中袋にお金を入れる向きがあります。

お札を複数枚袋に入れるときは、お札の向きを揃えて入れましょう。

中袋にお札を入れるときは、中袋の表面にお札の表面(肖像が印刷されている側)が来るように、また、肖像が上に来るように入れます。

今日のおススメのドレス

結婚式できちんと装うことは、お祝いの気持ちを表すことになります。

特別感のある、上品なドレスでご出席いただくと、新郎新婦に喜んでいただけるでしょう。

上のお写真のドレスは、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

シルク特有の上品で、上質感が漂う、結婚式にぴったりの一着です。

お袖が付いていますので、このドレスだけでパーフェクトはフォーマルなスタイルが完成いたします。

結婚式でも、エレガントに魅せてみませんか。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

結婚式のフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・5号、7号、9号、11号、13号、15号