女性ゲストの結婚式でのNGな服装とは?結婚式では避けるべき服装を確認して、マナーに沿った服装を選びましょう。

● 女性ゲストの結婚式でのNGな服装とは?結婚式では避けるべき服装を確認して、マナーに沿った服装を選びましょう。

結婚式でNGになる服装とは、どのような服装なのでしょうか。

結婚式に着て行く服をお選びになる時は、マナーに沿ったものをお探しになるかと思いますが、逆にNGな服装を先に確認しておくと、選ぶべき服装がわかりやすいかもしれません。

結婚式の服をお探しになる際には、ぜひNGな服装も、あわせてご確認しておいてくださいね。

結婚式での服装にドレスをお選びの場合のNGをご紹介いたします。

ドレスのお色にご注意を!

まず、白は花嫁さんの色ですので、白は避けましょう。

できれば、花嫁さんがお色直しに着用するドレスの色も避けることができればベストです。

またドレスの上半身とスカート部分で色が異なっているバイカラーのドレスは、近年では、結婚式でも着用されることが増えてきました。

ですが、色が2色に「わかれている」ことから「別れ」を連想させるということで、結婚式のゲストの方々の中には好ましく思われない方がいらっしゃるかもしれません。

というわけで、バイカラーのドレスも、できれば避けた方が無難でしょう。

露出を避けたデザインのドレスを選びましょう。

結婚式では、ゲストは露出を控えた服装がマナーとなっています。

ノースリーブのドレスを結婚式でご着用になる場合は、ボレロなどの羽織り物を着用して、肩を丸出しにしないようにしましょう。

またスカート丈も、ミニ丈のものはNGです。

スカートの丈の長さは、膝下5cm~膝上5cmほどのものを選ぶと良いでしょう。

動物の柄や素材を使った服を避けましょう。

アニマル柄や、動物の殺生を連想させるファーや皮革素材の服は避けましょう。

(ただし、花嫁さんが冬に防寒のためにファーを着用するのはOKです。)

普段着を思わせる服装もNGです。

プリント柄は、普段使いのものとなりますので、プリント柄の付いたドレスは結婚式ではご着用いただけませんのでご注意くださいね。

でも、地色と同色系の柄が織り込まれた生地のドレスは大丈夫ですよ。

また、通勤に着用する服もNGなので、リクルートスーツもNGになります。(ただし、学生の制服は、結婚式では格の高い服装となります。)

どうぞお気を付けくださいね。

今日のおススメのドレス

結婚式では、普段着を思わせるような服装はNGです。

つまり、普段の出勤やお出かけに着用できるような服装はご着用いただけない、ということなのですね。

結婚式では、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場でしか着用できないような、フォーマルドレス、パーティードレスと呼ばれるものを着用するようにしましょう。

上のお写真のドレスは、特別感のある、上質なシルクでお作りしたフォーマルドレスです。

シルクの上品な光沢が華やかで、ハリ感のある生地は主張し過ぎない高級感を放ちます。

お色は引き締め効果もあるネイビー。

6分丈のお袖が気になる二の腕をカバーし、少しハイウエストに仕上げたスカートは脚長効果を発揮して、スタイル良く見せてくれます。

結婚式やパーティーでも、上品なシルクのドレスで好感度をアップしてみませんか。

ご紹介したドレスの詳細は、こちらからどうぞ。